生年月日データベース

足利義詮あしかがよしあきら

室町幕府第2代将軍[日本]

(元徳2年6月18日生)

(ユリウス暦) 1330年 7月4日

(ユリウス暦) 1367年 12月28日 死去享年38歳
足利義詮 - ウィキペディアより引用

足利 義詮(あしかが よしあきら)は、南北朝時代の室町幕府第2代将軍。
初代将軍足利尊氏の嫡男。
母は鎌倉幕府最後の執権・北条守時の妹で正室の赤橋登子。
生涯 幼少時から将軍就任まで 元弘3年(1333年)、伯耆国船上山にて挙兵した後醍醐上皇討伐のために父・高氏(尊氏)が鎌倉幕府軍の総大将として上洛した際、母・登子とともに北条家の人質として鎌倉へ留め置かれた。
高氏が丹波国で幕府に反旗を翻し、京都の六波羅探題を攻略すると、幼い千寿王(義詮)は足利家家臣に連れ出され鎌倉を脱出し、新田義貞の軍勢に合流し鎌倉攻めに参加した。
この際千寿王は、父の名代として、家臣らの補佐により、鎌倉攻め参加の武士に対し軍忠状を発付し、後に足利氏が武家の棟梁として認知される端緒を作る。
これが新田義貞と足利高氏の関係が悪化する元となる。
建武の新政では、叔父の直義に支えられて鎌倉に置かれ、尊氏が建武政権から離反すると、父とともに南朝と戦い、主に鎌倉において関東を統治した。

■ 関連書籍

室町幕府二代将軍。足利尊氏の三男。幼名は千寿王。元弘の乱で尊氏が西上した際は人質として鎌倉にあり、幕府滅亡後、細川和氏らの援助で関東を管領した。叔父直義の失脚により入京し政務を執る。そののち直義・直冬や南朝と京都の争奪戦を繰り返すが、尊氏歿後征夷大将軍に任官、執事細川清氏失脚ののちは管領斯波氏を登用し、政権を安定させ、大内弘世・山名時氏を帰服させて中国を統一した。晩年は義満に家督を譲り、管領細川頼之に補佐を託した。正平22年(1367)歿、38才。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 征夷大将軍
  • 幕府
  • 足利
  • 三島市
  • 大納言
  • 宝鏡院
  • 室町
  • 将軍
  • 川原
  • 左大臣
  • 従一位
  • 登子
  • 竹若丸
  • 赤橋
  • 足利尊氏
  • 鶴王
  • 中将
  • 兄弟
  • 基氏
  • 官位
  • 左近衛
  • 氏族
  • 父母
  • 直冬
  • 義詮
  • 贈位
  • 足利基氏
  • 足利直冬
  • 近衛府
  • 馬寮
  • 馬頭