誕生日データベース

八木沢荘六やぎさわそうろく

プロ野球選手[日本]

1944年 12月1日

八木沢 荘六(やぎさわ そうろく、1944年12月1日 - )は、栃木県今市市出身の元プロ野球選手(投手)、監督、野球指導者、解説者。
史上13人目の完全試合達成者。
2013年から群馬ダイヤモンドペガサスの特別アドバイザーを務める。
実家は製材所を経営。
父親は今市市の市長だった八木澤善吉。
作新学院高校では1961年、2年の時に春の選抜に初出場を果たす。
2回戦で高松商に敗退。
翌1962年の選抜ではエースとして出場し、決勝で日大三高を完封で降し初優勝。
作新は同年夏の甲子園も制して史上初の甲子園春夏連覇を果たすが、八木沢は大会前に体内から赤痢菌が検出され出場できず、控えだった加藤斌が主戦投手となった。
高校同期に高山忠克、中野孝征、1期上に島野育夫がいた。
早稲田大学に進学しエースとして活躍。
東京六大学リーグでは在学中3度優勝。
1965年にはマニラで開催された第6回アジア野球選手権大会(東京六大学選抜チームが日本代表)に出場、日本の優勝に貢献した。
リーグ通算52試合登板、24勝12敗、防御率1.54、176奪三振、ベストナイン2回。
連想語句
  • プロ野球
  • 年度
  • 成績
  • 投手
  • 監督
  • 記録
  • コーチ
  • タイトル
  • プロ
  • 今市市
  • 引退
  • 日光市
  • 時代
  • 栃木県
  • 現役
  • 背番号
  • 解説者
  • 詳細
  • 選手
  • 野球
  • 関連
  • そうろく
  • やぎさわ
  • クラブ
  • 全国
  • 八木沢
  • 出演
  • 出身
  • 振興会
  • 日本
  • 理事