生年月日データベース

後堀河天皇ごほりかわてんのう

第86代天皇[日本]

(建暦2年2月18日生)

(ユリウス暦) 1212年 3月22日

(ユリウス暦) 1234年 8月31日 死去享年23歳
後堀河天皇 - ウィキペディアより引用

後堀河天皇(ごほりかわてんのう、建暦2年2月18日(1212年3月22日) - 天福2年8月6日(1234年8月31日))は、鎌倉時代の第86代天皇(在位:承久3年7月9日(1221年7月29日) - 貞永元年10月4日(1232年11月17日))。
諱は茂仁(とよひと)。
高倉天皇の第二皇子の守貞親王(後高倉院)の第三皇子。
母は、持明院基家の娘、北白河院・陳子。
承久3年(1221年)の承久の乱により、鎌倉幕府は後鳥羽上皇・土御門上皇・順徳上皇の三上皇を配流し、仲恭天皇を退位させた。
次代皇位継承者には、乱の首謀者である後鳥羽上皇の直系子孫を除外し、後鳥羽上皇の兄・守貞親王(行助入道親王)の三男であり、出家していなかった茂仁王(後堀河天皇)を即位させた。
茂仁王も十楽院僧正仁慶の弟子となり、すでに十楽院に入室していたが、まだ正式に出家していなかった。
立太子礼を経ずして、仲恭天皇廃位後同日の承久3年7月9日(1221年7月29日)践祚、同年12月1日(1222年1月14日)即位。

■ 関連書籍

鎌倉時代前期の天皇。 承久の乱後、鎌倉幕府の「後鳥羽天皇系皇族の即位は認めない」という条件により、後鳥羽天皇の兄・守貞親王の子である彼が即位。即位当初はまだ幼かったため、父・行助入道親王が還俗され後高倉上皇となって院政を行った。後に後堀河天皇も院政を行おうと子・四条天皇に譲位するも、治天の君となってわずか二年で崩御してしまう。 京都泉涌寺を皇室の祈願寺と定めた。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 天皇
  • 在位
  • 承久
  • 旧暦
  • 元号
  • 后妃
  • 子女
  • 守貞
  • 持明院基家
  • 皇子
  • 系図
  • 系譜
  • 親王
  • 貞永
  • 鎌倉時代
  • 霊廟
  • 高倉
  • とよひと
  • 元年
  • 北白河
  • 持明院
  • 茂仁