生年月日データベース

安徳天皇あんとくてんのう

第81代天皇[日本]

(治承2年11月12日生)

(ユリウス暦) 1178年 12月22日

(ユリウス暦) 1185年 4月25日 死去享年8歳
安徳天皇 - ウィキペディアより引用

安徳天皇(あんとくてんのう、安德天皇、治承2年11月12日(1178年12月22日) - 寿永4年3月24日(1185年4月25日))は、第81代天皇(在位:治承4年4月22日(1180年5月18日) - 寿永4年3月24日(1185年4月25日))。
諱は言仁(ときひと)。
高倉天皇の第一皇子。
母は平清盛の娘の徳子(後の建礼門院)。
治承2年(1178年)11月12日に生まれ、生後まもない12月15日に立太子。
治承4年(1180年)2月21日に践祚し、4月22日に数え年3歳(満1歳4か月)で即位するが、幼年のため当然実権はなく政治は清盛が取り仕切った。
即位の年に清盛の主導で遷都が計画され、福原行幸(現在の神戸市)が行なわれるが、半年ほどで京都に還幸した。
寿永2年(1183年)、源義仲の入京に伴い、三種の神器とともに都落ちする。
この後寿永2年8月20日(1183年9月8日)に神器が無いまま後鳥羽天皇が践祚し、正史上初めて同時に2人の天皇が擁立されることになった。

■ 関連書籍

平安時代末期の天皇。名は言仁(ときひと)。 『平家物語』で有名な平清盛を外戚に持つ幼帝であり、壇ノ浦合戦にて祖母にあたる二位尼(平時子)と入水し崩御。 平家物語で、ご誕生の際「男の沽券にかかわる重大なミス(女性用儀礼をやっていたら実はそれだったので慌てて男のお子用儀礼にシフト)」があったというのとその他*1で、実は女帝説もある。さらに壇ノ浦の合戦で、平家物語で語られる際「船に乗るときと入水するときの衣装が違う」という普通の間違いから、「崩御ということになっていたのは替え玉で、帝は無事にその辺へ落ち延びた」という伝承が一応夥しくあるらしい。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 安徳
  • 伝説
  • 天皇
  • 宮内庁
  • 在位
  • 寿永
  • 作品
  • 元号
  • 名前
  • 国史
  • 天皇陵
  • 平清盛
  • 後世
  • 指定
  • 旧暦
  • 管理
  • 系図
  • 系譜
  • 総覧
  • 諡号
  • 追号
  • 逸話
  • 陵墓
  • 霊廟
  • 高倉
  • ときひと
  • 平徳子
  • 建礼門院
  • 徳子
  • 治承
  • 皇子
  • 言仁