生年月日データベース

白河天皇しらかわてんのう

第72代天皇[日本]

(天喜元年6月19日生)

(ユリウス暦) 1053年 7月7日

(ユリウス暦) 1129年 7月24日 死去享年77歳
白河天皇 - ウィキペディアより引用

白河天皇(しらかわ てんのう)は、第72代天皇(在位:延久4年12月8日(1073年1月18日) - 応徳3年11月26日(1087年1月3日))。
諱を貞仁(さだひと)という。
後三条天皇の第一皇子。
母は藤原氏閑院流藤原公成の娘で、藤原能信の養女である藤原茂子。
同母妹に篤子内親王(堀河天皇中宮)。
後冷泉天皇の東宮・尊仁親王(後三条天皇)の第一王子として生まれる。
母茂子、外祖父の能信ともに幼少時に死別し、父尊仁親王は関白の藤原頼通に冷遇されていた。
治暦元年(1065年)に13歳で元服。
治暦4年(1068年)、父帝即位とともに親王宣下を受け、貞仁親王となる。
翌延久元年(1069年)立太子。
同3年(1071年)に関白藤原師実の養女・藤原賢子が参入した。
延久4年(1072年)、20歳で即位する。
関白は置いたが、延久5年(1073年)の後三条上皇の病没後も、父同様に親政を目指し、荘園整理などに力を入れ、永保元年(1081年)宇佐神宮境内地に神宝塔院を建立する等、摂関家の権勢を弱めることに努める。

■ 関連書籍

後三条天皇第一皇子。在位(1072-1086)。 後三条天皇の意思を次ぎ藤原氏らを抑え親政を行うため堀河天皇に譲位し、自身は治天の君として日本史上初の院政を行う。以降、崇徳天皇の代に至るまで治天の君として政権を握る。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 藤原
  • 天皇
  • 不如意
  • 中宮
  • 元号
  • 公成
  • 内親王
  • 后妃
  • 在位
  • 堀河
  • 天下
  • 女性
  • 子女
  • 後三条
  • 異名
  • 篤子
  • 系図
  • 系譜
  • 茂子
  • 諡号
  • 追号
  • 閑院
  • 関係
  • 霊廟
  • さだひと
  • 同母
  • 旧暦
  • 皇子
  • 貞仁
  • 養女