誕生日データベース

竹下陽平

アナウンサー[日本]

1973年 5月11日

竹下 陽平(たけした ようへい、1973年5月11日 - )は東京都出身のフジテレビアナウンサー。
アナウンス室主任。
来歴・人物 東京都出身。
法政大学第一高等学校(現:法政大学高等学校)、法政大学経営学部卒業後、1996年にフジテレビへ入社。
河田町本社時代最後の新人アナであり、同期の佐々木恭子、藤村さおりと共にフジテレビ河田町局舎最後の「FNSの日」で新人アナとして紹介されている。
現在はスポーツアナウンサーとして、F1グランプリや格闘技などの中継を担当している。
北京オリンピック(2008年)やロンドンオリンピック(2012年)では、(フジテレビ以外の放送局での中継分を含む)テレビ中継の実況アナウンサーとして、ジャパンコンソーシアムへ派遣。
北京ではバレーボール、ロンドンでは柔道・女子マラソン・女子バレーボール・新体操の実況をそれぞれ担当した。
また、2000年以降は、毎年4月の新人アナウンサー披露で司会を務めている。
F1グランプリの実況では、かつて地上波で放送されていた中継において、状況を説明せずに番組が作ったフレーズ(F1のミハエル・シューマッハを表す「逆襲の赤い皇帝」など)を連発しながら絶叫することが多かった。
連想語句
法政大学オリンピック出演番組アナウンサー学校河田町現在高等アナグランプリフジテレビロンドン佐々木北京恭子新人最後東京都格闘技藤村さおり過去関連アナウンスコンフォガーデンスポーツ中学中継主任入社出身卒業同期学部局舎担当時代本社紹介経営

↑ PAGE TOP