生年月日データベース

清和天皇せいわてんのう

第56代天皇[日本]

(嘉祥3年3月25日生)

(ユリウス暦) 0850年 5月10日

(ユリウス暦) 0881年 1月7日 死去
清和天皇 - ウィキペディアより引用

清和天皇(せいわてんのう、嘉祥3年3月25日(850年5月10日) - 元慶4年12月4日(881年1月7日))は、平安時代前期の第56代天皇。
在位は天安2年11月7日(858年12月15日) - 貞観18年11月29日(876年12月18日)。
諱は惟仁(これひと)。
後世、武門の棟梁となる清和源氏の祖。
文徳天皇の第四皇子。
母は太政大臣藤原良房の娘、女御明子。
父・文徳天皇が践祚して4日目に生まれる。
第四皇子であり、異母兄に惟喬・惟条・惟彦親王がいたが、 外祖父藤原良房の後見の元、3人の兄を退けて生後8か月で皇太子となる。
天安2年(858年)、文徳天皇の崩御に伴い、わずか9歳で即位した。
病床の文徳天皇は皇太子が幼少であることを危惧し、6歳年長の惟喬親王に中継ぎとして皇位を継承させようとしたが、実現しなかった。
幼少の為、良房が外戚として政治の実権を握った。
貞観8年(866年)には伴善男らによるものとされる応天門炎上事件(応天門の変)が発生した。
善男を信頼していた天皇は、事件を解決した良房に遠慮する形で既に貞観6年(864年)に元服していたにも関わらず、良房を正式に摂政に任命した。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

せいわてんのう [生]嘉祥3(850).3.25.京都[没]元慶4(880).12.4.京都第56代の天皇(在位858~876)。名は惟仁(これひと),水尾天皇ともいう。文徳天皇の第4皇子,母は太政大臣藤原良房の娘明子。天安2(858)年8月践祚したが,幼少のため外祖父良房が政を摂行し,貞観8(866)年8月正式に摂政となり,人臣摂政の例を開いた。貞観18(876)年陽成天皇に譲位。元慶3(879)年落飾,法諱は素真。遺詔により山陵を起さず,粟田山に火葬,骨を水尾山においた。在位中『貞観格』『貞観式』(→貞観格式)がつくられ,また清和源氏の祖と仰がれた。陵墓は京都市右京区嵯峨水尾清和の水尾山陵。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 天皇
  • 在位
  • 元号
  • 出典
  • 后妃
  • 太政大臣
  • 子女
  • 平安時代
  • 文徳
  • 旧暦
  • 明子
  • 注釈
  • 源氏
  • 異名
  • 系図
  • 系譜
  • 藤原良房
  • 諡号
  • 追号
  • 霊廟
  • これひと
  • 前期
  • 天安
  • 女御
  • 後世
  • 惟仁
  • 染殿
  • 棟梁
  • 武門
  • 皇子
  • 藤原
  • 貞観
  • 関連