誕生日データベース

細川亨ほそかわとおる

プロ野球選手[日本]

1980年 1月4日

細川亨 - ウィキペディアより引用

細川 亨(ほそかわ とおる、1980年1月4日 - )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(捕手)。
プロ入り前 青森県東津軽郡平内町生まれ。
平内町立浅所小学校から平内町立小湊中学校へ進学。
青森県立青森北高等学校では主将を務め、県大会では1年次から出場。
2年時に内野手から捕手へ転向し、強肩強打の捕手として活躍したが、1年夏の県大会ベスト4止まりで甲子園出場はなかった。
青森大学では捕手として異例の1番打者として活躍し、先頭打者本塁打も記録。
一塁手、遊撃手にも挑戦し、2年春は遊撃手でレギュラー、3年春から正捕手となり3年春・4年春には北東北大学リーグのベストナインに選ばれた。
1999年の全日本大学野球選手権大会ではベスト4まで進んだが早稲田大に敗れた。
2000年の同大会はベスト8まで進んだ。
4年秋のリーグ戦では1番打者で打率.333、7打点の成績で優勝に貢献し、MVPとベストナインを受賞した。
当時のメンバーには工藤隆人がいた。
2001年の10月31に青森大学へ西武ライオンズの楠城徹スカウト部長、水沢英樹スカウトが訪れて入団交渉し、契約締結内定選手としてコミッショナー公示された。

■ 関連書籍

プロ野球選手。右投右打、ポジションは捕手。背番号は47(〜2005)→30(2006)→27(2007〜2016)→68番。 1980年1月4日生まれ。青森県平内町出身。 青森北高校から青森大学を経て、2002年、自由獲得枠で西武ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)に入団。 2004年、現役を引退して監督に就いた伊東勤の後を受けて捕手の定位置を獲得。 打率こそ低いが意外な長打力を見せ、またバントも起用にこなす。2006年と2010年には、バスター打法を採り入れた時期もあった。 2004年4月4日、北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)で、史上59人目となるサイクルヒットを達成。 西武時代のテーマ曲は、かつて顔が似ていると評されたことから「きよしのズンドコ節」(氷川きよし)だった。 2010年オフにFA権を行使して福岡ソフトバンクホークスに移籍。移籍初年度から、通算2回のリーグ優勝と日本一に貢献。しかし2015年の春季キャンプから負傷が続き、試合出場数を大きく減らす。レギュラーシーズンを2位で終えた2016年のクライマックスシリーズ終了後、バッテリーコーチ就任を打診されるも、現役続行を希望して固辞。東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • 守備
  • 年度
  • 成績
  • 打撃
  • 楽天
  • イーグルス
  • ゴールデン
  • スタイル
  • ソフトバンク
  • プレー
  • プロ
  • プロ野球
  • 平内町
  • 捕手
  • 東北
  • 東津軽郡
  • 背番号
  • 表彰
  • 西武
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 青森県
  • ほそかわ
  • 出身
  • 右打
  • 右投
  • 所属
  • 細川