生年月日データベース

有山じゅんじありやまじゅんじ

ミュージシャン[日本]

1953年 1月4日 生 (満65歳)

有山 じゅんじ(ありやま じゅんじ、本名:有山 淳司、1953年1月4日 - )は、日本の歌手、ギタリスト。
大阪府出身。
1968年 「五つの赤い風船」に参加。
テレビ番組「ヤング720」に出演するなど、しばらく活動を共にしていたが、当時まだ中学生だったため高校受験を機に脱退。
本人談によると母親がリーダーであった西岡たかしに「頼むからやめさせてくれ」と訴えたとのこと。
高校入学後は様々な音楽を聴きながら活動を続ける。
現在まで多大な影響を与えているブラインド・ブレイクを知ったのは、この頃友達に「こんな雑音ばっかりのレコード聴けへんから、やるわ」と言われて貰った戦前ブルースのコンピレーションアルバムだった。
また、ブルースやラグタイムに関わらず、フェアポート・コンベンションやペンタグル等のブリティッシュフォークや当時のシンガーソングライターなども好んで聴いていた。
大阪市西成区に住んでいた頃には「岸里のジェームス・テイラーと呼ばれていた」とは本人の談。
1973年 「上田正樹とサウス・トゥ・サウス」の結成に参加。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

なにわのブラインド・ブレイク。大阪の宝である。 ♪ トーキング・ブルースのようなそのライブが強烈に魅力的なアーティスト。 ※地元大阪を中心に、一年中全国で数多くのライブを続けている成果として、幅広い厚みあるファン層を持つ。 天才的なそのギターが、ライブ空間のリズムを作る。 ブラインド・ブレイクとよく似て、重たいブルースとはあまり縁がない。 ※サウス・トゥ・サウス解散後の二十数年間、ギター1本でオリジナル曲中心のソロ活動を展開。 ※フォークムーブメントやブルース時代からの同世代ミュージシャンたちとの交流・活動も活発。 ※最近は東京での若い世代との定期的ジョイント・ライブも評判となっている。 ★昨年、久々のアルバム「Thinkin' of you」を発表。 ★今年は、1978年のファースト・ソロ「ありのままじゅんじ」が再発された。 ※ 1970年代大阪のビッグ・ソウル・バンド「サウス・トゥ・サウス」のギタリスト。 フォークムーブメントの時代の中、解散後もソロで「春一番」コンサートなどに出演した (現在も90年代に再開された「春一番」に毎年出演している) ※代表作である、上田正樹とのアルバム「ぼちぼちいこか」は、 当時の「サウス・トゥ・サウス」LIVEにおけるアコースティック・ヴァージョンの世界をレコードにしたもの。 ラグタイムや戦前のブルースをベースとする、当時としては(そして今も)たいへんに斬新なもの。 当時関西のどこかの街で暮らしていた少し気の利いた若いもんだったなら、 サ店やお好み焼き屋で何度も聴 …… (引用元 Hatena Keyword)

「有山じゅんじ」と関連する人物