生年月日データベース

西田友是にしだともゆき

コンピューター工学者[日本]

1949年 1月4日

西田 友是(にした ともゆき、1949年- )は日本におけるコンピュータグラフィックス(CG)のパイオニアである。
広島県出身。

東京大学教授。

1970年から広島大学工学部電気機器研究室で中前栄八郎教授に師事し、隠線消去、隠面消去、陰影表示などのCGの研究をはじめた。
光の相互反射光まで計算してリアルな画像を生成するラジオシティ法の開発者の1人である。
また、影の計算法、特に境界のやわらかい影であるソフトシャドーの表示法を最初に開発した。

3次元コンピュータグラフィックスに関しての主な業績としては、3次元物体のリアルな表現法、照明シミュレーション(種々の光源、相互反射光の計算、天空光)、景観予測、自由曲面(:en:Bézier surface Bezier曲面など)の表示法、雲などの自然物の表示、CGアニメーション、インタラクティブレンダリング (コンピュータ) レンダリング等の先駆的な研究がある。

■ 関連書籍

連想語句
  • 消去
  • グラフィックス
  • コンピュータ
  • シャドー
  • ソフト
  • ラジオシティ
  • 中前
  • 反射光
  • 広島大学
  • 広島県
  • 日本
  • 書籍
  • 栄八郎
  • 相互
  • 陰影
  • パイオニア
  • リアル
  • 出身
  • 境界
  • 工学部
  • 師事
  • 教授
  • 機器
  • 生成
  • 画像
  • 計算
  • 計算法
  • 開発者
  • 電気