誕生日データベース

大潮憲司おおしおけんじ

相撲力士[日本]

1948年 1月4日

大潮憲司 - ウィキペディアより引用
大潮 憲司(おおしお けんじ、本名:波多野 兼二(はたの けんじ)、1948年1月4日 - )は、福岡県北九州市八幡東区出身の大相撲元力士。
現役時代は時津風部屋所属で、最高位は東小結(1978年1月場所)。
現役時代の体格は186cm、134kg。

現在は年寄・式守秀五郎(通称・式秀)を名乗り、式秀部屋を興して後進を指導している。

粂川(元前頭1・双ツ龍徳義 双ツ龍)の勧誘を受けて時津風部屋に入門し、1962年1月場所で初土俵を踏んだ。
同期の初土俵組には、後の前頭・若吉葉重幸 若吉葉らがいる。
その後、1969年11月場所で十両に昇進し、1971年9月場所で新入幕を果たした。

立合いから激しく当たるか突いて出て、左を差して一気に寄る取り口を得意としたが、腰高のため逆転されることも多かった。
入幕後しばらくは幕内と十両の往復を繰り返したが、若ノ國豪夫 若ノ國の記録を更新する10回目の入幕となった1976年3月場所からはようやく幕内に定着し、1978年1月場所では最高位となる東小結に昇進した。
足の負傷のため1979年7月場所では幕下まで落ちたが節制と努力を重ね、さらに家に帰ると奥さんが幕内時代よりもいい料理を出してくれることに奮起し、幕内に返り咲いた。
三役に復帰はできなかったものの、1982年7月場所からの連続5場所では横綱・北の湖敏満 北の湖、大関・隆の里俊英 隆の里、関脇・若嶋津六夫 若島津のいずれかに勝ち、健闘を見せた。
1984年5月場所を最後に幕内から落ちてからも、十両や幕下上位で相撲を取り続けた。

「大潮憲司」と関連する人物

連想語句
  • 力士
  • 年寄
  • 成績
  • 場所
  • 式秀
  • 八幡東区
  • 出典
  • 北九州市
  • 協会
  • 大相撲
  • 定年
  • 小結
  • 平成
  • 式守
  • 改名
  • 日本
  • 時津風
  • 注釈
  • 現役
  • 相撲
  • 秀五郎
  • 記録
  • 以下
  • 体格
  • 停年
  • 出身
  • 左四つ
  • 師匠
  • 引退
  • 当時
  • 得意手
  • 所属
  • 時代
  • 最高位
  • 活躍
  • 襲名
  • 退職
  • 通称