誕生日データベース

ポール・ヴィリリオPaul Virilio

思想家、都市計画家[フランス]

1932年 1月4日

ポール・ヴィリリオ(Paul Virilio, 1932年1月4日 - )は、フランスの思想家、都市計画家。
パリ生まれ。
速度術(ドロモロジー)を鍵概念として、テクノロジーやメディアの発展によって、人間の知覚や行動がどのように変容していくのかを分析している。
しかし、速度と加速度の概念を取り違えた論文が散見される。
アラン・ソーカルらによって、数学・科学用語を不適切に使用した論文であるとの批判を受ける(→ソーカル事件参照)。
1932年パリ生まれ。
父親はイタリア系で共産主義者。
母親はブルトン系でカトリック教徒。
戦時中ナントに疎開。
第二次世界大戦後はパリの工芸学校に進学のかたわら聴講生としてソルボンヌ大学でのウラジミール・ジャンケレヴィッチやレーモン・アロンの哲学などの講義を受講していた。
その後、アルジェリア戦争に召集もされ除隊後、絵画やステンドグラスの作家として出発。
1958年から大西洋の壁、掩体壕といった戦争遺産などの調査研究を開始。
1960年代から建築と都市計画業も開始し、聖ベルナデッタ教会を(ヌヴェール、クロード・ペアレントらと)1966年に、トムソン・ヒューストンの航空宇宙研究センター(ヴェリジー=ヴィラクブレー)などを1969年に手がける。

■ 関連書籍

「ポール・ヴィリリオ」と関連する人物

連想語句
  • カル
  • ソー
  • パリ
  • 速度
  • アラン
  • アルジェリア
  • テクノロジー
  • メディア
  • 事件
  • 加速度
  • 大西洋
  • 展示
  • 戦争
  • 映画
  • 概念
  • 知覚
  • 著作
  • 行動
  • 論文
  • 関連
  • かたわら
  • アロン
  • イタリア
  • ウラジミール
  • カトリック教徒
  • ジャンケレヴィッチ
  • ジー
  • ステンドグラス
  • ソルボンヌ
  • ドロ
  • ナント
  • ブルトン
  • モロ
  • レーモン
  • 不適切
  • 世界
  • 主義者
  • 人間
  • 作家
  • 使用
  • 共産
  • 出発
  • 分析
  • 受講
  • 召集
  • 哲学
  • 変容
  • 大学
  • 学校
  • 工芸
  • 戦後
  • 戦時
  • 批判
  • 散見
  • 数学
  • 母親
  • 父親
  • 用語
  • 疎開
  • 発展
  • 科学
  • 絵画
  • 聴講
  • 講義
  • 進学
  • 除隊