生年月日データベース

吉田昌郎よしだまさお

原子力技術者[日本]

(東北大震災当時の福島第一原発所長)

1955年 2月17日

2013年 7月9日 死去食道がん享年59歳

吉田 昌郎(よしだ まさお、1955年2月17日 - 2013年7月9日)は、日本の技術者である。
東京電力株式会社元執行役員。
2011年3月11日の東日本大震災発生時に福島第一原子力発電所所長を務めていた人物で、福島第一原子力発電所事故の収束作業を指揮したことで知られる。
人物・経歴 大阪府出身。
身長180センチ。
1961年(昭和36年)に小学校に入学する。
同級生によると、非常に勉強ができる上に自分の意見を押し通し、親分肌でもあったという。
大阪教育大学附属天王寺中学校(21期)、大阪教育大学教育学部附属高等学校天王寺校舎(15期)を経て、1977年に東京工業大学工学部を卒業。
高校時代は剣道部と写真部、大学時代はボート部に所属。
高校での成績は学年の180人中20番くらいであった。
1979年同大大学院で原子核工学を専攻。
通商産業省からも内定を貰っていたが、大学の先輩の勧めで東京電力に入社。
社内の評価は「豪快」「親分肌」、部下思いのため現場の信望は厚く性格はおおらかといわれている。

■ 関連書籍

日本の技術者、元福島第一原子力発電所所長。1955年2月17日、大阪府生まれ。77年、東京工業大学工学部を卒業し、大学院で原子核工学を専攻。79年、東京電力株式会社に入社。2007年、原子力設備管理部部長となる。10年6月より執行役員・福島第一原子力発電所所長。11年3月11日に発生した福島第一原子力発電所事故において、現場の最高責任者として果敢に対応に当たった。特に、東京電力本店から原子炉冷却のための海水注入の中止を命じられた際、独断で続行を指示したことは、大惨事を防いだものとして評価が高い。11年12月、食道がんにより所長を退任、原子力・立地本部付に異動。13年7月9日、食道がんにより死去。享年58。 (2013-7-11) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 事故
  • 原子力
  • 発電所
  • 福島
  • 発生
  • 俳優
  • 原発
  • 吉田
  • 執行
  • 大震災
  • 役員
  • 東京電力
  • 東日本
  • 注釈
  • 著作
  • 言動
  • 調書
  • 論文
  • 関連
  • 作業
  • 収束
  • 所長
  • 指揮
  • 株式会社