誕生日データベース

富岡幸一郎とみおかこういちろう

文芸評論家[日本]

1957年 11月29日

富岡 幸一郎(とみおか こういちろう、1957年11月29日 - )は、日本の文芸評論家。
関東学院大学文学部比較文化学科教授、鎌倉文学館館長。
神奈川県鎌倉市の雪ノ下に在住。
東京都出身。
小学校4年生のときに1年間アメリカ西海岸で暮らす。
少年時代は野球選手を目指していたが、中学1年生の頃に文学に出会う事となる。
三島由紀夫の表現の豊かさ、言葉の魅力に惚れ込み、高校生になると小林秀雄のファンになる。
中央大学附属高等学校、中央大学文学部仏文科(現・文学部人文社会学科フランス語文学文化専攻)卒業。
1979年、大学在学中に書いた評論「意識の暗室 埴谷雄高と三島由紀夫」が第22回群像新人文学賞評論部門の優秀作を受賞する。
1991年にドイツに留学し、同じ頃に住まいを都内から鎌倉に移した。
関東学院女子短期大学助教授、関東学院大学教授。
保守論客として、『北の発言』への常連執筆に加え『正論』、『撃論』、『諸君!』『わしズム』、代表編集委員を務める『表現者』に寄稿。

■ 映像作品

■ 関連書籍

文芸評論家。関東学院大学教授。オピニオン・文芸誌『表現者』編集長。 リベラル色の強い日本のキリスト教プロテスタントの中では稀な右派。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 共編
  • 出典
  • 出演
  • 単著
  • 学科
  • 少年
  • 教授
  • 文化
  • 文学部
  • 東京都
  • 比較
  • 注釈
  • 監修
  • 神奈川県
  • 著書
  • 選手
  • 野球
  • 鎌倉市
  • 鎌倉文学館
  • 中学
  • 出身
  • 在住
  • 大学
  • 時代
  • 関東学院大学
  • 館長