生年月日データベース

沢木耕太郎さわきこうたろう

ノンフィクション作家[日本]

1947年 11月29日

沢木 耕太郎(さわき こうたろう、1947年11月29日 - )は、日本のノンフィクション作家、エッセイスト、小説家、写真家。
東京都大田区生まれ。
東京都立南高等学校(当時)を経て、横浜国立大学経済学部卒業。
大学時代のゼミの指導教官は、後に神奈川県知事となる長洲一二だった。
大学卒業後は富士銀行(当時)に入行するも、初出社の日に退社した。
出社途中に信号待ちをしているときに退社を決めたという。
ルポライターとして1970年(昭和45年)、『防人のブルース』でデビューし、1979年(昭和54年)には浅沼稲次郎暗殺事件で刺殺された浅沼と、その犯人である少年を描いた『テロルの決算』で第10回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。
以後、スポーツや旅などを題材にした多数のノンフィクション作品、小説などを発表している。
名前 「沢木耕太郎」はペンネームである。
雑誌の取材を受け、「あなたの本名はあらゆる文献を見てもどこにも掲載されていない。
なぜなのか」と問われた沢木は、「ペンネームを使う以上、わざわざ本名を名乗るのなら使う必要がない」と答えている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

1947年、東京に生まれる。ノンフィクションライター。デビュー作は自衛隊に勤めるひとびとを取材した「防人のブルース」。従来の講談的な文体を排したドライな文体が、おもに若い読者の支持を集める。とりわけユーラシア大陸を放浪した旅行記『深夜特急』は、いまでも多くのバックパッカーに影響を与え続けている。さまざまなジャンルの作品を手掛けているが、寄せ集め的なコラム集を除けば、スポーツ関係の著作が目立つ。さらに最近では、小説的な手法を取り入れようとしている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 番組
  • エッセイスト
  • エピソード
  • テレビ
  • メディア
  • ラジオ
  • 作品
  • 写真
  • 写真家
  • 出演
  • 南高
  • 受賞歴
  • 名前
  • 大田区
  • 学校
  • 小説家
  • 放送
  • 東京
  • 東京都
  • 翻訳
  • 都立
  • 関連