誕生日データベース

松木安太郎まつきやすたろう

男子サッカー選手、監督、解説者[日本]

1957年 11月28日

松木 安太郎(まつき やすたろう、1957年11月28日 - )は、日本のサッカー選手・指導者・解説者。
日本体育大学体育学部体育学科卒業。
祖父は大相撲力士の葵竜(最高位は十両)。
生い立ち 実家は東京都中央区日本橋にある明治2年創業の老舗のうなぎ屋「近三」。
幼稚園時代から小学校2-3年の間、藤城清治主宰の人形劇団「木馬座」で、ケロヨンの相棒「もぐらのモグちゃん」の着ぐるみに入って演じていた。
暁星小学校時代からサッカーに打ち込み、小柄な体躯ながらゴールキーパーを務めていた。
学校の代表チームである暁星アストラの選手に選ばれると小学6年生の時には全国サッカー少年団大会(全日本少年サッカー大会の前身)に出場した。
プロ野球の長嶋茂雄のファンだったことから、背番号は「3」を希望しつけていた。
選手 1970年、暁星中学校に進学と同時に読売サッカークラブへ加入。
小学校時代から一貫してキーパーを務めていたが、高校1年の時にフランツ・ファン・バルコムによりDFへコンバート。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

芸名松木安太郎 性別男性 生年月日1957/11/28 干支酉年 血液型A 出身地東京都 職種スポーツ 資格・免許日本サッカー協会公認S級コーチ 趣味・特技ゴルフ プロフィール1957年(昭和32年)東京生まれ。小学4年生で読売クラブ(現東京ヴェルディ)に入団。高校時代にDFに転向し、16歳でトップチーム(当時日本リーグ2部)に昇格。83年の日本リーグ初優勝をはじめ数々のタイトルを獲得。主将も務めた。日本代表としてメキシコW杯予選、アジア競技大会、ソウル五輪予選などに出場。90年に現役引退。読売ユース監督、トップチームヘッドコーチを経て、93年ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)の監督に就任。同年と翌94年に第2ステージで優勝し、チャンピオンシップを制して2年連続優勝(Jリーグ最年少監督)。98年セレッソ大阪監督、01年東京ヴェルディ監督を歴任。現在はテレビなどで解説者として活躍。 代表作品テレビ朝日『サンデーLIVE!!「TOKYO応援宣言」』/TBS『あさチャン!』/スポーツ『テレビ朝日サッカー解説』 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 体育
  • 卒業
  • 成績
  • 監督
  • 解説者
  • 代表
  • クラブ
  • 仲卸
  • 個人
  • 出場
  • 力士
  • 十両
  • 大会
  • 大相撲
  • 学科
  • 学部
  • 所属
  • 指導
  • 日本体育大学
  • 生田
  • 築地市場
  • 試合
  • 選手
  • マグロ
  • メディア
  • 出演
  • 場内
  • 従弟
  • 日本
  • 最高位
  • 注釈
  • 祖父