誕生日データベース

内村航平うちむらこうへい

体操選手[日本]

1989年 1月3日

内村航平 - ウィキペディアより引用

内村 航平(うちむら こうへい、1989年(昭和64年)1月3日 - )は、日本の体操競技選手。
オリンピック2大会(2008年北京、2012年ロンドン)に出場し、ロンドン大会個人総合での金メダルを含む5つのメダル(金メダル1、銀メダル4)を獲得している。
また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む19個のメダル(金メダル10、銀メダル5、銅メダル4)を獲得している。
1989年(昭和64年)1月3日、福岡県北九州市に生まれる。
誕生時には元号がまだ"昭和"だったが、誕生4日後に"平成"に改元したことにあやかり、「平成の時代を真直ぐ渡れるように」という願いを込めて、"航平"と命名された。
父・内村和久は日本体育大学体操競技部出身で柳川高等学校時代に高校総体の種目別で優勝しており、母・内村周子も元体操選手、妹の春日(はるひ)も体操選手(日体大)という体操一家である。
1992年(平成4年)に両親が『スポーツクラブ内村』を開設し、長崎県諫早市に移住したのを機に、3歳で体操を始めた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

うちむらこうへい [生]1989.1.3.福岡,北九州体操競技選手。両親が経営する長崎県諫早市の体操クラブで3歳から体操を始めた。高等学校3年生だった2006年に全日本ジュニア選手権大会の個人総合で初優勝。大学2年生(19歳)で迎えた2008年北京オリンピック競技大会では,団体総合と個人総合で銀メダルを獲得。日本人体操選手で初めて,10代でオリンピック競技大会のメダルを獲得した。2009~2011年の世界選手権大会では,個人総合で前人未到の3連覇を達成した。これは,体操競技の世界選手権大会最多優勝選手として『ギネス世界記録』に認定された。続く2012年ロンドン・オリンピック競技大会では,個人総合金メダル。日本選手では1984年ロサンゼルス・オリンピック競技大会の具志堅幸司以来,28年ぶり4人目の快挙だった。加えて,団体と種目別の床運動でも銀メダルを獲得している。美しい空中姿勢と,ぴたりと止まる着地には定評があり,世界屈指のオールラウンダーとして知られる。ロンドン・オリンピックの個人総合で得点が1位だったのは跳馬のみだったが,全種目で高得点を上げ,群を抜く総合力で金メダルを手にした。2012年紫綬褒章を受章。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • オリンピック
  • 大会
  • 競技
  • 世界
  • 体操
  • エピソード
  • メダル
  • リオデジャネイロ
  • ロンドン
  • 個人
  • 出演
  • 北京
  • 受賞
  • 国内
  • 国際
  • 成績
  • 獲得
  • 総合
  • 連覇
  • 選手権
  • 金メダル
  • 銀メダル
  • 出場
  • 最多
  • 銅メダル