生年月日データベース

高瀬春奈たかせはるな

女優[日本]

1954年 1月3日

高瀬 春奈(たかせ はるな、1954年1月3日 - )は、日本の女優。
神奈川県横浜市港南区大岡出身。
フェリス女学院高等部・早稲田大学第一文学部演劇科をそれぞれ卒業。
来歴・人物 2人兄妹の長女。
文学座養成所13期生(1973年 - 1975年)。
早稲田大学在学中に福田善之演出の演劇・自主制作映画(『僕は腕を折った』、1975年)などで役者としての活動を始めた。
1977年、連続テレビ小説『いちばん星』のヒロイン・佐藤千夜子では体調不良により途中降板し、1981年の千葉真一主演映画『魔界転生』でも細川ガラシャに決まっていたが病気により降板するなど、抜擢された役を棒に振ってしまう。
その後は樋口可南子との共演でレズに溺れる若妻を演じた『卍(まんじ)』(1983年)、太宰治と山崎富栄の心中事件を扱った日活ロマンポルノ『武蔵野心中』(1983年)、伊丹十三の監督デビュー作であり山崎努との青姦シーンを体当たりで演じた『お葬式』(1984年)、テレビドラマでは、ハードなレイプ描写の連続が話題をさらったザ・サスペンス『陰の告発者』(1984年)などが当時の代表作である。

■ 映像作品

■ 関連書籍

女優。1954年1月3日生まれ。神奈川県出身。 1977年放送の「いちばん星」でヒロインを務める。しかし、急病で倒れて、その年の6月13日から五大路子が代役を演じた。ウィキペディアでは4年後の1981年の映画でも主役を演じるが降板にして、「抜擢された役を棒に振った」とある。 しかし、脇役では貫録のある年増の女性を熱演。その一つとして1989年放送の「春日局」では、1977年の「いちばん星」での新旧の主役の2人(高瀬と五大のこと)が、互いに共演するシーンがなかったものの、ともに出演。五大は主役の春日局の幼少期のころ、お仕えした侍女を演じるが、高瀬が演じた公家の役を迫真の演技を演じた。その鬼気迫る女性を演じることが得意で、2時間ドラマや時代劇、映画でその存在感を見せている。 「抜擢された役を棒に振った」というより脇役で上記の迫真の演技でその存在感の強さを発揮してるほうがこの人の持ち味で言えよう。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 演劇
  • 早稲田大学
  • 映画
  • テレビドラマ
  • フェリス
  • 出演
  • 女学院
  • 文学座
  • 文学部
  • 港南区
  • 福田善之
  • 自主
  • 関連
  • 高等
  • 中学校
  • 兄妹
  • 出身
  • 制作
  • 卒業
  • 在学
  • 大岡
  • 学校
  • 演出
  • 長女
  • 養成所