誕生日データベース

道場六三郎みちばろくさぶろう

料理人[日本]

1931年 1月3日

道場 六三郎(みちば ろくさぶろう、1931年1月3日 - )は、日本の和食料理人。
石川県江沼郡山中町(現在の加賀市山中温泉地区)出身。
身長168cm。
1931年1月3日、三男三女の末っ子として誕生。
「六人兄弟の三男」という意味で「六三郎」と名付けられた。
実家は老舗の山中漆器を扱う店であり、地元が歴史のある有名な温泉街だったこともあって、幼少時から料理に親しむ環境で育った。
山中尋常高等小学校を卒業した後、17歳の時に知り合いの魚屋の手伝いに入り、初めて包丁を握る。
19歳で上京し、本格的に料理界に入る。
銀座「くろかべ」で料理人としての第一歩を踏み出し、神戸「六甲花壇」、金沢「白雲楼」と修行を重ね、28歳で「赤坂常盤家」のチーフとなる。
1971年に独立し、高級惣菜店を開くも失敗に終わる。
その後、「新とんぼ」などを経て、銀座「ろくさん亭」を開店。
1993年から1996年までフジテレビの料理バラエティ番組『料理の鉄人』に初代「和の鉄人」としてレギュラー出演。

■ 映像作品

■ 関連書籍

「道場六三郎」と関連する人物

連想語句
  • 山中
  • ゲーム
  • ソフト
  • テレビ
  • 三男
  • 出演
  • 加賀市
  • 尋常
  • 小学校
  • 山中町
  • 料理
  • 映画
  • 江沼郡
  • 温泉
  • 温泉街
  • 番組
  • 白雲
  • 神戸
  • 著書
  • 金沢
  • 銀座
  • 高等
  • くろ
  • ホテル
  • 三女
  • 上京
  • 修行
  • 兄弟
  • 六三郎
  • 六甲
  • 出身
  • 包丁
  • 卒業
  • 地元
  • 地区
  • 実家
  • 山中塗
  • 幼少時
  • 意味
  • 料理人
  • 有名
  • 末っ子
  • 歴史
  • 漆器
  • 現在
  • 環境
  • 老舗
  • 花壇
  • 誕生
  • 魚屋