生年月日データベース

重松逸造しげまついつぞう

医学者[日本]

1917年 11月25日

■ 関連書籍

しげまつ-いつぞう 1917-2012昭和後期-平成時代の疫学者。大正6年11月25日生まれ。金沢大教授,国立公衆衛生院疫学部長をへて,昭和56年放射線影響研究所理事長。イタイイタイ病やスモンなどの疫学的研究,原爆被爆者追跡調査などを指導した。平成24年2月6日死去。94歳。大阪出身。東京帝大卒。著作に「疫学とはなにか―原因を追求する科学」「日本の疫学―放射線の健康影響研究の歴史と教訓」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 公衆
  • 衛生
  • 大学
  • 疫学
  • 帝国
  • 影響
  • 放射線
  • 医学部
  • 国立
  • 東京
  • ハーバード
  • ラバウル
  • 医学
  • 博士
  • 大阪府
  • 法人
  • 海軍
  • 研究所
  • 財団
  • 軍医
  • 都築正男
  • 金沢大学
  • 付属病院
  • 代表
  • 伝染病
  • 修了
  • 傷害
  • 内科
  • 副手
  • 医学科
  • 卒業
  • 厚生省
  • 原爆
  • 叙勲
  • 大学院
  • 大日本
  • 委員
  • 委員会
  • 室長
  • 役割
  • 後継
  • 慢性
  • 教授
  • 日本
  • 歴任
  • 班長
  • 理事
  • 研究班
  • 終戦
  • 調査
  • 部長
  • 重要