生年月日データベース

カルロ・コッローディCarlo Collodi

児童文学作家[イタリア]

1826年 11月24日

1890年 10月26日 死去享年65歳
カルロ・コッローディ - ウィキペディアより引用

カルロ・コッローディ(伊: Carlo Collodi、1826年11月24日 - 1890年10月26日)、本名カルロ・ロレンツィーニ(Carlo Lorenzini)は、イタリアの作家。
トスカーナ大公国のフィレンツェ出身。
その代表作『ピノッキオの冒険』で世界的に知られている。
ペンネーム「コッローディ」は、ルッカとピストイアの間にある、母アンジェラ・オルツァーリの故郷でもあるルッカ県の農村の名前「コッローディ」(現在はペーシャというコムーネの一部)から採られたもの。
また彼自身その子供時代の大半を過ごした土地でもある。
そこで小中学校に通い、コッレ・ディ・ヴァル・デルザの神学校に進学するため、村を出る。
しかし結局退学し、1843年、スコローピ修道会の学校を卒業。
これが最終学歴となった。
翌年、フィレンツェの出版社ピアッティ出版に職を得て、そこに出入りする知識人と面識を得るようになり、特にジョヴァンニ・バティスタ・ニッコリーニに強く影響を受けた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

「カルロ・コッローディ」と関連する人物

連想語句
  • ルッカ
  • イア
  • イタリア
  • コッレ
  • コッローディ
  • コムーネ
  • シャ
  • ディ
  • デルザ
  • トスカーナ
  • ピスト
  • ピノッキオ
  • フィレンツェ
  • ペー
  • ヴァル
  • 作品
  • 作家
  • 冒険
  • 大公国
  • アンジェラ
  • オル
  • ツァーリ
  • ペンネーム
  • 一部
  • 代表作
  • 出身
  • 名前
  • 土地
  • 大半
  • 子供
  • 小中学校
  • 故郷
  • 時代
  • 現在
  • 神学校
  • 自身
  • 農村
  • 退学
  • 進学