生年月日データベース

ローレンス・スターンLaurence Sterne

作家[イギリス]

1713年 11月24日

1768年 3月18日 死去享年56歳
ローレンス・スターン - ウィキペディアより引用

ローレンス・スターン(Laurence Sterne, 1713年11月24日 - 1768年3月18日)は18世紀イギリスの小説家、牧師。
未完の長編小説『紳士トリストラム・シャンディの生涯と意見』(以下、『トリストラム・シャンディ』と呼ぶ)の作者として知られる。
生涯 南アイルランドのティペラリー州クロンメル生まれ。
ローレンスの曾祖父リチャード・スターンはケンブリッジ大学ジーザス・カレッジの学寮長に選ばれ、王政復古後のヨーク大主教だった。
父ロジャー・スターンは陸軍将校で、ローレンスは7人兄弟の長男であるが、姉のマリーと末妹カトリーヌ以外は早世した。
10歳近くまで、ローレンスは家族とともに、父ロジャーの連隊の移動に伴って各地を転々とする。
1722年、ヨークに住む伯父リチャードに預けられ、ハリファックス近郊のグラマー・スクールへ入学。
1731年、父ロジャーが一羽のガチョウをめぐる喧嘩がもとで同僚と決闘。
相手に刺され、一命はとりとめたものの、すぐにジャマイカ島へ派遣となり、ロジャーはこの地で熱病にかかって没してしまう。

■ 関連書籍

連想語句
  • 生涯
  • シャンディ
  • トラム
  • トリス
  • スターン
  • アイルランド
  • クロン
  • ケンブリッジ
  • ティペラリー
  • メル
  • 大学
  • 小説
  • 小説家
  • 日本
  • 牧師
  • 王政復古
  • 紹介
  • 著作
  • 評価
  • カレッジ
  • ジーザス
  • ヨーロッパ
  • リチャード
  • ローレンス
  • 以下
  • 作者
  • 学寮
  • 意見
  • 曾祖父
  • 未完
  • 紳士
  • 長編