生年月日データベース

小松辰雄こまつたつお

プロ野球選手、コーチ、解説者[日本]

1959年 5月10日 生 (満59歳)

小松 辰雄(こまつ たつお、1959年5月10日 - )は、石川県羽咋郡富来町(現:志賀町)出身の元プロ野球選手(投手)。
現役時代は中日ドラゴンズで活躍した。
現在は、CBCテレビ・CBCラジオの解説者。
小学生当時より強肩ぶりを発揮し、町内の小学生が集まり記録を競う「陸上競技記録会」のソフトボール遠投にて70mを超える記録を残す。
1976年の夏の甲子園で石川・星稜高等学校の2年生エースとして準決勝まで進出、その年の優勝校である西東京代表の桜美林高校に敗退したものの、その剛速球は注目されることとなった。
3年生となった翌1977年の夏の甲子園では、1回戦で奈良・智弁学園の山口哲治と壮絶な投手戦を繰り広げるが、序盤に制球を乱して喫した2失点が響き、1対2で敗退した。
同年のドラフト会議で中日ドラゴンズから2位指名を受けて入団(1位指名は入団が1978年秋まで遅れ、1979年に新人王となった藤沢公也)。
この年の高校球界には、小松や山口の他にも夏の甲子園で優勝した兵庫・東洋大姫路高校の松本正志、福島県予選を無失点で制した福島商業高校の三浦広之、春の覇者、箕島高校を予選で破った和歌山・田辺高校の木下透と才能あふれる投手が数多く高卒でプロ球界に入団したが、長く活躍できたのは小松だけである。

■ 関連書籍

プロ野球、中日ドラゴンズの選手。 右投右打、ポジションは投手。背番号は34→20番*1。 1959年5月10日生まれ、石川県志賀町出身。 1978年、星稜高校からドラフト2位で中日ドラゴンズに入団。クローザーとして頭角をあらわす。 1982年、セ・リーグ優勝に貢献。胴上げ投手となる。 先発に転向、1980年代のドラゴンズをエースとして支え、1988年の優勝に貢献した。 1984年、星野仙一の後、背番号20番を受け継ぐ。 1994年、現役引退。 1995年、中日投手コーチに就任。1997年、チームの最下位の責任を取らされて退団。 現在はCBC解説者の傍ら、マスターズリーグ・名古屋エイティディザーズの選手。 落合博満の采配に批判的である。 *1:ドラゴンズのエースナンバーである。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • テレビ
  • 投手
  • 野球
  • プロ野球
  • 石川県
  • コーチ
  • タイトル
  • ラジオ
  • 中日スポーツ
  • 中日ドラゴンズ
  • 富来町
  • 年度
  • 志賀町
  • 成績
  • 現在
  • 羽咋郡
  • 背番号
  • 表彰
  • 解説者
  • 記録
  • 評論家
  • 詳細
  • 選手
  • こまつ
  • たつお
  • 出演
  • 出身
  • 右打
  • 右投
  • 小松
  • 時代
  • 活躍
  • 現役
  • 番組
  • 辰雄