誕生日データベース

高橋伴明

映画監督[日本]

1949年 5月10日

高橋 伴明(たかはし ばんめい、1949年5月10日 - )は、日本の映画監督。
脚本家として剣山象、高橋伴の名義で活動したこともある。
株式会社ブロウアップ代表取締役、京都造形芸術大学教授・映画学科長(2012年度より)。
女優の高橋惠子は妻。
奈良県奈良市出身。
華道の家に生まれる。
東大寺学園高校卒業、早稲田大学第二文学部中退。
大学時代には映画研究会に所属し、学生時代からピンク映画の現場でアルバイト生活を送る。
同時に学生運動にも身を入れ、第二次早稲田大学闘争に参加したことで、大学を除籍されて中退。
1972年にピンク映画『婦女暴行脱走犯』で監督デビュー。
1975年、若松プロに参加。
1980年までは主としてピンク映画で活躍し、ピンク映画界では若手監督として中村幻児と並び称される存在だった。
1982年、自身初となる一般映画『TATTOO<刺青>あり』を監督。
1979年の三菱銀行人質事件の犯人に材を取り、キネマ旬報ベストテンの6位、ヨコハマ映画祭監督賞を受賞。
同作でヒロインを演じた関根恵子と同年2月から交際し6月に結婚。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 映画
  • ビデオ
  • 作品
  • オリジナル
  • テレビドラマ
  • ピンク
  • 京都造形芸術大学
  • 代表
  • 出演
  • 取締役
  • 奈良市
  • 奈良県
  • 学生
  • 文学部
  • 早稲田大学
  • 時代
  • 東大寺
  • 華道
  • 高橋惠子
  • アルバイト
  • 中学校
  • 中退
  • 出身
  • 卒業
  • 協会
  • 大学
  • 女優
  • 学園
  • 学園高校
  • 学校
  • 学科
  • 専務
  • 所属
  • 教授
  • 日本
  • 早大
  • 現場
  • 理事
  • 生活
  • 監督
  • 研究会
  • 運動
  • 高等