生年月日データベース

川崎徹かわさきとおる

CMディレクター[日本]

1948年 1月2日

川崎 徹(かわさき とおる、1948年1月2日 - )は、日本のCMディレクター。
東京都生まれ。
妻は元フジテレビアナウンサーでプロデューサーの桜井郁子。
早稲田大学政治経済学部卒業。
電通映画社に入社し、1971年からCMディレクターとして活躍。
1977年のキンチョールの「トンデレラ、シンデレラ」や1980年以降のキンチョール「ハエハエカカカ キンチョール」や富士フイルムCMでの「それなりに」、サントリービール「生樽」CMの「いかにも一般大衆が喜びそうな」など、数々の流行語を生み出すヒットCMを生み出す。
1980年代には糸井重里や仲畑貴志らと並んで、コピーライターなど広告クリエイターが脚光をあびる広告ブームの立役者の1人となる。
1985年開始の『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』にレギュラー出演するなど、タレントとしてもお茶の間の人気を得る一方で、小説家や舞台の演出家としても活躍、マルチタレントぶりを発揮している。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

1948年東京生まれ。CMディレクター、小説家、演出家。 早稲田大学政治経済学部卒業。電通映画社に入社しCMディレクターとして活躍 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 関連
  • キンチョール
  • アナウンサー
  • テレビ
  • ディレクター
  • レコード
  • 中学校
  • 出典
  • 出演
  • 受賞歴
  • 学校
  • 学部
  • 政治
  • 早稲田
  • 早稲田大学
  • 書籍
  • 東京都
  • 桜井郁子
  • 経済
  • 著作
  • 電通
  • 高等
  • シンデレラ
  • トンデレラ
  • フジテレビ
  • フジテレビジョン
  • プロデューサー
  • 以降
  • 入社
  • 卒業
  • 映画
  • 映画社
  • 活躍