誕生日データベース

二上達也ふたかみたつや

将棋棋士[日本]

1932年 1月2日

2016年 11月1日 死去肺炎享年85歳

二上 達也(ふたかみ たつや、1932年1月2日 - )は、将棋棋士。
渡辺東一名誉九段門下で棋士番号は57。
タイトル獲得通算5期。
1990年、引退。
1989年から2002年にかけて日本将棋連盟会長を務めた。
弟子に羽生善治がいる。
生い立ち 1932年、北海道函館市の網元の家で8人兄弟の末子として生まれた。
1939年に母が亡くなり、京都帝大を卒業した兄は太平洋戦争で北千島に出征した後にシベリア抑留を受けた。
比較的裕福な家庭だったが、戦後の農地改革で土地を失い、インフレにより貯蓄の価値が失われ、父は1946年に病気で亡くなった。
その頃に函館中学(後の北海道函館中部高等学校)へ通っていた二上は友人との将棋に時間を費やすようになり、やがてアマチュア六段の白土誠太郎の将棋会所で指導を受けるようになった。
1949年、17歳のときにアマ名人戦北海道大会で準優勝し、優勝した島田永信と共に北海道代表として東京で開かれたアマ名人戦に参加して二上は2回戦敗退、島田は優勝した。

■ 関連書籍

将棋棋士九段。 1932年1月2日、生まれ。2016年11月1日、死去。 北海道函館市出身。 順位戦A級在位27年、タイトル計5期獲得の後、1990年3月に引退。通算成績856勝752敗。 1989年から2003年まで日本将棋連盟会長を務め、1992年、紫綬褒章を受章。2002年に勲四等旭日小綬章を受章*1。2003年から2005年まで、日本将棋連盟相談役。 著書に『詰め物そぞろある記』、『二上詰将棋選集』、『棋士』など。 指将棋だけでなく詰将棋創作でも有名で、作品集『将棋魔法陣』は代表作の一つ。またカラオケ好きで有名であり,マイク二上の異名を持つほどその歌唱力にも定評があります。 *1:将棋棋士としては塚田正夫名誉十段、加藤治郎名誉九段、丸田祐三九段、原田泰夫九段に次いで5人目 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 将棋
  • 棋士
  • 連盟
  • タイトル
  • 獲得
  • ニックネーム
  • プロ
  • 争い
  • 会長
  • 加藤治郎
  • 原田泰夫
  • 名誉
  • 大山
  • 平成
  • 役職
  • 日本
  • 棋聖
  • 棋風
  • 渡辺東一
  • 番号
  • 羽生善治
  • クラブ
  • ペン
  • 履歴
  • 引退
  • 弟子
  • 後任
  • 昇段
  • 通算
  • 門下