生年月日データベース

徳岡孝夫とくおかたかお

ジャーナリスト[日本]

1930年 1月2日 生 (満88歳)

徳岡 孝夫(とくおか たかお、1930年〈昭和5年〉1月2日 - ) は日本のジャーナリスト、評論家、翻訳家、横浜市港南区在住。
来歴・人物 大阪に生まれる。
京都大学文学部英文科卒。
1952年(昭和27年)、京都大学在学中に毎日新聞社に入社(正式採用は翌年の卒論提出後)。
1955年(昭和30年)10月よりフルブライト奨学生としてアメリカのシラキュース大学に留学。
社会部記者、バンコク特派員、編集次長、編集委員などを歴任した。
海外特派員としてイスラエル・中近東、ベトナム戦争などを取材した、当時の執筆記事は『戦争屋の見た平和日本』に一部収録されている。
定年を前に、1985年(昭和60年)学芸部編集委員をもって退社。
『サンデー毎日』の記者時代の1970年(昭和45年)11月25日の三島事件の当日、交流のあった三島由紀夫から電話で依頼され、現場の市ヶ谷会館(現:ホテルグランドヒル市ヶ谷)で、NHK記者だった伊達宗克と共に、楯の会関係者から手紙と檄文を託された。

■ 関連書籍

連想語句
  • 京都大学
  • 戦争
  • イスラエル
  • シラキュース
  • フルブライト
  • ベトナム
  • 中近東
  • 共著
  • 大学
  • 奨学生
  • 昭和
  • 横浜市
  • 毎日新聞社
  • 港南区
  • 特派員
  • 著作
  • 著書
  • 訳書
  • アメリカ
  • バンコク
  • 一部
  • 入社
  • 卒論
  • 収録
  • 取材
  • 在住
  • 在学
  • 執筆
  • 大阪
  • 大阪府
  • 委員
  • 定年
  • 平和
  • 当時
  • 採用
  • 提出
  • 文学部
  • 文科
  • 日本
  • 次長
  • 正式
  • 歴任
  • 海外
  • 留学
  • 社会
  • 翌年
  • 翻訳家
  • 記者