誕生日データベース

野村昭子のむらあきこ

女優[日本]

1927年 1月2日

日本の女優。
以下に記す。
日本の郷土史家、作家。
石川県金沢市出身。
石川郷土史学会副会長。
日本文芸家クラブ会員。
代表作に京極竜子の生涯を描いた小説『波上の舟』。
野村 昭子(のむら あきこ、本名:増見 昭子(ますみ あきこ)、1927年1月2日 ‐ )は、日本の女優。
東京市神田区(現・東京都千代田区)出身。
身長157cm、体重64kg。
血液型はA型。
夫は演出家の増見利清。
来歴・人物 桜蔭高等女学校(現・桜蔭中学校・高等学校)、東京薬学専門学校(東京薬科大学)卒業。
薬剤師免許所持者。
左利きである。
薬剤師として東京大学の付属病院に勤務していたが、演劇に魅せられて1949年に劇団俳優座養成所の第1期生となる(岩崎加根子は同期)。
1952年に養成所を卒業し、そのまま入団。
『家政婦は見た!』や『渡る世間は鬼ばかり』などで親しまれる名脇役として知られる。
泉ピン子との共演が多く、泉からは野村ママと呼ばれて慕われている。
愛犬家でビション・フリーゼを飼っている。
「きんぴら行進曲 野村昭子の味指南」などの著書もある。
2011年5月10日、橋田賞特別賞を受賞した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • テレビドラマ
  • テレビ朝日
  • テレビ東京
  • バラエティ
  • フジテレビ
  • 出演
  • 千代田区
  • 日本テレビ
  • 映画
  • 東京都
  • 番組
  • 舞台
  • 関連
  • 出身
  • 利清
  • 増見
  • 演出家