生年月日データベース

近藤唯之こんどうただゆき

作家[日本]

1930年 5月10日 生 (満88歳)

近藤 唯之(こんどう ただゆき、1930年5月10日 - )は、日本のスポーツライター、コラムニスト、ノンフィクション作家、野球評論家。
左官職人の長男として東京都の本郷に出生。
6歳から野球を始める。
明治大学付属明治高等学校では硬式野球部に所属。
高校時代は島岡吉郎監督の指導を受けるも、右肺の弱さから3年間補欠で試合出場経験はなし。
その後、明治大学法学部へ進学。
島岡の薦めにより野球のプレーは諦め、書く方にまわろうとグラウンドに顔を出して野球観戦をした。
卒業後の1953年4月に報知新聞社に入社し、同新聞(現:スポーツ報知)のスポーツ記者となる。
1956年に朝刊の発行を始めた東京新聞にスカウトされて移籍。
毎日の戦評と野球コラム「金曜放談」を署名入りで執筆。
東京新聞時代は同紙のエース記者として活躍すると同時に、アルバイトで無署名記事を多いときには週刊誌など26誌で執筆した。
1963年に初単行本『プロ野球を科学する』を出版。
東京新聞社在籍中よりアルバイトで他誌の『週刊サンケイ』などに藤沢剛のペンネームで執筆。

■ 関連書籍

「近藤唯之」と関連する人物

連想語句
  • 野球
  • 明治
  • スポーツ報知
  • ノンフィクション
  • 付属
  • 作家
  • 出典
  • 報知
  • 大学
  • 学校
  • 島岡吉郎
  • 左官
  • 新聞社
  • 明治大学
  • 本郷
  • 東京新聞
  • 東京都
  • 法学部
  • 著書
  • 評論家
  • 高等
  • グラウンド
  • コラム
  • コラムニスト
  • スカウト
  • スポーツ
  • プレー
  • 中学校
  • 入社
  • 出場
  • 出生
  • 卒業
  • 右肺
  • 島岡
  • 戦評
  • 所属
  • 指導
  • 文京区
  • 新聞
  • 時代
  • 朝刊
  • 毎日
  • 発行
  • 監督
  • 硬式
  • 移籍
  • 経験
  • 職人
  • 補欠
  • 観戦
  • 記者
  • 試合
  • 進学
  • 長男
  • 高校