誕生日データベース

桑原武夫

フランス文学者[日本]

1904年 5月10日

桑原 武夫(くわばら たけお、1904年(明治37年)5月10日 - 1988年(昭和63年)4月10日)は、日本のフランス文学・文化の研究者。
文化勲章受章。
人文科学における共同研究の先駆的指導者でもあった。
来歴・人物 福井県敦賀郡敦賀町蓬莱(のち敦賀市)の出身。
父は京都帝国大学教授で東洋史専攻の桑原隲蔵(じつぞう)。
敦賀は里帰り出産の地なので実質的には京都生まれだが、本人が敦賀に愛着を持ちこの経歴を称し続けた。
京都一中、三高を経て、1928年(昭和3年)、京都帝国大学文学部卒業。
旧制大阪高校教授兼京都大学文学部講師を経て1943年(昭和18年)、東北帝国大学法文学部助教授。
1948年(昭和23年)、京都大学人文科学研究所教授、1959年(昭和34年)同所長、1968年(昭和43年)定年退官、名誉教授。
スタンダールやアランの研究により、フランスの文学や評論を広く日本に紹介した。
父・隲蔵の関係もあり、早くから西田幾多郎や内藤湖南ら戦前の京都学派の碩学の謦咳に直接接することが多く、戦後は同年代の吉川幸次郎や貝塚茂樹などの戦後の京都学派の中心的存在として、戦後のさまざまな文化的ムーブメントに主導的な役割を担った。

■ 関連書籍

くわばらたけお [生]1904.5.10.敦賀[没]1988.4.10.京都仏文学者,評論家。桑原隲蔵(じつぞう)の長男。第三高等学校を経て1928年京都大学仏文科卒業。48年京大人文科学研究所教授,59~63年所長。同大名誉教授。スタンダール,アランの紹介者として知られる。『第二芸術-現代俳句について』(1946)で伝統芸術の閉鎖性を批判して反響を呼び,第2次世界大戦後の近代文学における封建性批判の理論的支柱となった。また京大人文科学研究所の共同研究『ルソー研究』(51),『フランス百科全書の研究』(54),『フランス革命の研究』(59)の3部作を完成させた。58年チョゴリザ山に初登頂。国際文化交流に努め実践的活動を行なった。79年文化功労者。87年文化勲章,レジオン・ドヌール勲章受章。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • フランス
  • 伝記
  • 共編
  • 共著
  • 単著
  • 教授
  • 敦賀
  • 敦賀市
  • 敦賀町
  • 文化勲章
  • 文学
  • 東洋
  • 福井県
  • 編著
  • 翻訳
  • 著作
  • 蔵書
  • 記念
  • 評論家
  • 関連
  • 京都
  • 京都大学
  • 人文
  • 共同
  • 出身
  • 受章
  • 大学
  • 専攻
  • 帝国
  • 指導者
  • 文化
  • 日本
  • 研究者
  • 科学
  • 蓬莱