誕生日データベース

野村俊夫のむらとしお

作詞家[日本]

1904年 11月21日

1966年 10月27日 死去享年63歳
野村俊夫 - ウィキペディアより引用

野村 俊夫(のむら としお、 1904年11月21日 - 1966年10月27日)は、作詞家(詩人)。
福島県福島市出身。
本名は鈴木喜八。
福島県福島市大町の生まれ。
近所には作曲家の古関裕而が住んでおり、子供の頃はともに遊んだ仲だった。
1924年、20歳の時に福島民友新聞社に入社し、編集部・報道部・文芸欄を担当する。
1931年で福島民友新聞社を退社、すでにコロムビア専属作曲家として上京していた古関裕而のすすめで上京する。
同年に古関裕而と組んだ初のレコード「福島行進曲」が発売されている。
この頃からフリーの作詞家として本格的に活動を開始する。
1939年、藤山一郎コロムビア復帰第1作目であった「上海夜曲」のヒットにより、コロムビア専属作詞家となる。
1951年頃からは日本音楽著作権協会の理事も務めていた。
また、たいへんな酒豪だったという。
主な作品 1931年「福島行進曲」(作曲:古関裕而、歌:天野喜久代) 1938年「音信はないか」(作曲:能代八郎、歌:小野巡) 1938年「忠治子守唄」(作曲:服部逸郎、歌:東海林太郎) 1939年「ほんとにほんとに御苦労ね」(作曲:倉若晴生、歌:山中みゆき) 1940年「暁に祈る」(作曲:古関裕而、歌:伊藤久男) 1943年「索敵行」(作曲:万城目正、歌:伊藤久男、霧島昇、楠木繁夫) 1943年「大空に祈る」(作曲:万城目正、歌:松原操、三原純子、菊池章子) 1944年「あゝ紅の血は燃ゆる」(作曲:明本京静、歌:酒井弘、安西愛子) 1948年「南のバラ」(作曲:米山正夫、歌:近江俊郎) 1948年「湯の町エレジー」(作曲:古賀政男、歌:近江俊郎) 1948年「シベリア・エレジー」(作曲:古賀政男、歌:伊藤久男) 1948年「若き日のエレジー」(作曲:古関裕而、歌:伊藤久男) 1949年「港の恋唄」(作曲:古賀政男、歌:鶴田六郎) 1949年「ハバ ……

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 古関裕而
  • 福島
  • 福島市
  • 福島県
  • コロムビア
  • 作品
  • 作曲家
  • 民友
  • 上京
  • 作詞家
  • 出典
  • 専属
  • 新聞社
  • 日本
  • 日本コロムビア
  • 注釈
  • 藤山一郎
  • 関連
  • 音楽著作権協会
  • たいへん
  • ヒット
  • フリー
  • レコード
  • 上海
  • 入社
  • 出身
  • 同年
  • 喜八
  • 報道
  • 夜曲
  • 大町
  • 子供
  • 復帰
  • 担当
  • 文芸欄
  • 本名
  • 活動
  • 理事
  • 発売
  • 行進曲
  • 近所
  • 退社
  • 酒豪
  • 鈴木
  • 開始