誕生日データベース

蝋山政道ろうやままさみち

政治学者[日本]

1895年 11月21日

1980年 5月15日 死去享年86歳

蝋山 政道(ろうやま まさみち、1895年11月21日 - 1980年5月15日)は、日本の政治学者・行政学者、政治家、お茶の水女子大学名誉教授。
民主社会主義の提唱者であり、行政学研究の先駆的存在である。
長女雅子は中央公論社嶋中鵬二元社長の妻で、嶋中事件で負傷した。
1913年 県立高崎中学校卒業。
1917年 第一高等学校卒業。
1920年 東京帝国大学法学部政治学科卒業、同助手に採用。
1922年 東京帝国大学法学部助教授(-1928年)。
1925年 イギリス留学(-1927年)。
1928年 東京帝国大学法学部教授。
1934年 近衛文麿親善特使訪米に同行。
1939年 東大を依願免官。
1942年 第21回衆議院議員総選挙に大政翼賛会推薦候補として出馬、当選。
1945年 衆院議員辞任(9月)、中央公論社副社長(-1946年11月)。
1947年 公職追放(-1948年)。
1948年 日本政治学会理事。
1951年 民主社会主義連盟理事長。
1954年 お茶の水女子大学学長(-1959年)、民主教育協会会長(-1962年)。

■ 関連書籍

(1895年11月21日 - 1980年5月15日) 日本の政治学者・行政学者、政治家、お茶の水女子大学名誉教授。民主社会主義の提唱者であり、行政学研究の先駆的存在である。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 出生
  • 終戦
  • お茶の水女子大学
  • 主義
  • 共編
  • 共著
  • 単著
  • 家族
  • 年譜
  • 戦後
  • 民主
  • 活動
  • 社会
  • 編著
  • 著作
  • 著書
  • 行政学
  • 訳書
  • 関連
  • 名誉教授
  • 学者
  • 提唱者
  • 政治家