誕生日データベース

ヴォルテール"Voltaire" François-Marie Arouet

哲学者作家[フランス]

1694年 11月21日

1778年 5月30日 死去享年85歳
ヴォルテール - ウィキペディアより引用

ヴォルテールことフランソワ=マリー・アルエ("Voltaire" François-Marie Arouet、1694年11月21日 - 1778年5月30日)は、フランスの哲学者であり、作家、文学者、歴史家である。
歴史的には、イギリスの哲学者であるジョン・ロックなどとともに啓蒙主義を代表する人物とされる。
また、ドゥニ・ディドロやジャン・ル・ロン・ダランベールなどとともに百科全書派の学者の一人として活躍した。
ボルテールと表記されることもある。
パリの公証人の子。
姓は“アルーエ”とも表記される。
Voltaireという名はペンネームのようなもので、彼の名のArouetをラテン語表記した"AROVET LI" のアナグラムの一種、「ヴォロンテール」(意地っぱり)という小さい頃からの渾名(あだな)をもじった等、諸説ある。
フランソワ・マリー・アルエ(以下、アナグラムのヴォルテールで記す)は、1704年から1711年までの間、イエズス会のルイ=ル=グラン学院で最高の教育を受けた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

1694年生まれ、1778年没。フランスの作家、思想家。いわゆる「啓蒙主義」の代表的な存在とされる。フリードリヒ2世やエカチェリーナ2世とさかんに文通し、啓蒙思想を吹き込んだ。フリードリヒ2世の有名なセリフである,「君主は国家第一の下僕」も、原案はどうやらヴォルテールのようである。 貴族と衝突して、プロシア・スイスから、フランスのカトリックの偽善・封建性を攻撃、当時進歩的だったイギリスの美点を数多く紹介した。 また、その猜疑心を宝クジに向けた時、「買い占めたら勝てる」という盲点を発見、これで現代の5億円に相当する巨万の富を得ている。 代表作としては,『カンディード』、『哲学書簡』が挙げられる。またディドロやダランベールの百科全書にも参加している。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 哲学者
  • アナグラム
  • イギリス
  • コトバンク
  • シレー
  • ジャン
  • ジョン
  • ダランベール
  • ディドロ
  • ドゥニ
  • パリ
  • フランス
  • ペンネーム
  • ロック
  • ロン
  • 主義
  • 公証人
  • 啓蒙
  • 学者
  • 幼少期
  • 文学者
  • 歴史家
  • 滞在
  • 生活
  • 百科全書
  • 英国
  • 青年期
  • あだな
  • アルーエ
  • ジュネーヴ
  • プロ
  • プロイセン
  • ボルテール
  • ラテン語
  • ヴォロンテール
  • 一人
  • 一種
  • 代表
  • 意地っぱり
  • 活躍
  • 渾名
  • 諸説