誕生日データベース

猪瀬直樹いのせなおき

ノンフィクション作家、元東京都知事[日本]

(2013年12月、徳洲会グループからの借入金問題で東京都知事を辞任)

1946年 11月20日

猪瀬直樹 - ノンフィクション作家、元東京都知事

猪瀬 直樹(いのせ なおき、1946年11月20日 - )は、日本の作家。
長野県出身。
地方分権改革推進委員会委員、日本文明研究所所長、大阪市特別顧問、大阪府特別顧問。
東京都知事(第18代、1期)、東京工業大学世界文明センター特任教授、東京大学大学院人文社会系研究科客員教授、国際日本文化研究センター客員教授を歴任。
経歴・人物 長野県下水内郡飯山町(現・飯山市)生まれ。
2歳半から長野市に移る。
父が飯山出身で母は松本の出身、両親共に小学校教師。
諏訪市の高島小で知り合って結婚し、飯山に異動になってそこで生まれる。
育ったのは長野市。
往生寺のすぐ下に住んでいた。
1950年5月、3歳半のとき父親が狭心症で急死した。
信州大学教育学部附属長野小学校、信州大学教育学部附属長野中学校、長野県長野高等学校を経て、信州大学人文学部経済学科卒業。
大学在学中は新左翼学生運動の指導者であり、通称「白ヘル」(中核派)に属した。
1967年の羽田事件を皮切りに新左翼学生運動が高揚しており、1969年に信州大学全共闘議長をつとめている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

ノンフィクション作家、元東京都知事。1946年、長野県に生まれる。信州大学人文学部に進学、在学中は学生運動にも関わった。卒業後の70年に上京し、職を転々とした後、明治大学大学院に進学。近代政治思想(日本浪漫派、ナショナリズム等)の研究者・橋川文三に師事した。卒業後、ジャーナリスト本田靖春の『誘拐』に刺激を受け、ノンフィクション作家の道に進む。後の盗用疑惑で猪瀬が批判した佐野眞一は、このころ同じ志を持つ仕事仲間であった。 83年、書き下ろしの『天皇の影法師』を出版。36歳という遅咲きの出版デビューだった。87年に『ミカドの肖像』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。テレビ討論番組などメディアの露出も増え、時代の新しい語り手として注目された。その後、精力的な取材・著作活動を続け、『日本凡人伝』『欲望のメディア』『ふるさとを創った男』『ペルソナ三島由紀夫伝』などを出版。 96年には、官僚機構の闇にメスを入れた『日本国の研究』で文藝春秋読者賞を受賞した。これが契機となり、政界に進出。2001年、小泉内閣成立によって発足した「行革断行評議会」委員に選ばれる。翌02年には「道路関係四公団民営化推進委員会」委員に任命され、道路公団を始めとする特殊法人の民営化に尽力するなど、小泉政権の「聖域なき構造改革」を支えた。 07年6月、東京都知事・石原慎太郎から副知事に選任され、石原辞職後の12年12月の都知事選に出馬した。石原から事実上の後継指名を受け、国内選挙では最多の約434万票を得て当選。翌13年9月には、国際オリンピック委員会総会で東京五輪の誘致を成功させた。 しかし、その …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 教授
  • 東京
  • 知事
  • センター
  • 客員
  • 日本
  • 顧問
  • 主張
  • 人文
  • 分権
  • 分煙
  • 参画
  • 喫煙
  • 国政
  • 国際
  • 地方
  • 大学院
  • 大阪市
  • 大阪府
  • 大震災
  • 天然ガス
  • 委員
  • 委員会
  • 愛煙家
  • 推進
  • 改革
  • 文化
  • 文明
  • 時代
  • 東京大学
  • 東京工業大学
  • 東京都
  • 東日本
  • 活動
  • 社会
  • 都政
  • ノンフィクション
  • プロジェクト
  • ミカド
  • 世界
  • 受賞
  • 大宅壮一
  • 所長
  • 推進委
  • 文学部
  • 歴任
  • 民営
  • 特任
  • 発電所
  • 研究所
  • 肖像
  • 道路公団