誕生日データベース

浪花千栄子なにわちえこ

女優[日本]

1907年 11月19日

1973年 12月22日 死去消化管出血享年67歳
浪花千栄子 - ウィキペディアより引用

浪花 千栄子(なにわ ちえこ、本名・南口 キクノ(なんこう きくの)、1907年(明治40年)11月19日 - 1973年(昭和48年)12月22日)は、昭和初期から後期(1920年代後半〜1970年代前半)の女優。
大阪府南河内郡東板持町(現・富田林市)に、養鶏業を営む家に生まれる。
8歳の時に道頓堀の仕出し弁当屋に女中奉公に出される。
その後、京都で女給として働いていたが、18歳のときに、知人の紹介で村田栄子一座に入る。
間もなく舞台にも立つようになるが、不入りが続き、東亜キネマ等持院撮影所に移る。
香住千栄子の芸名で端役出演を続け、1926年(昭和元年)、山上伊太郎の初シナリオによる大作、『帰って来た英雄』の準主役に大抜擢され、それ以来、順調に役をこなしていく。
その後、市川右太衛門、市川百々之助に招かれ映画出演を続けたが、給与未払いなどもあり映画界から足を洗う。
1929年(昭和4年)、「新潮劇」に参加し、1930年昭和5年には、2代目渋谷天外、曾我廼家十吾らが旗揚げした松竹家庭劇に加わる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    全曲集
    歌手
    発売元
    キングレコード
    発売日
    2001年12月05日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 3,800 より
  • タイトル
    高倉健全曲集
    歌手
    発売元
    キングレコード
    発売日
    2001年12月05日
    新品価格
    より
    中古商品
    より

なにわ-ちえこ 1907-1973昭和時代の女優。明治40年11月19日生まれ。昭和5年松竹家庭劇に入座。同年2代渋谷天外と結婚する。戦後,離婚。NHKのラジオドラマ「アチャコ青春手帖(てちょう)」で人気をえる。軽妙な演技と得意の大阪弁で「祇園囃子(ぎおんばやし)」「彼岸花」などの映画や舞台のわき役として活躍。昭和48年12月22日死去。66歳。大阪出身。本名は南口(なんこう)キクノ。著作に「水のように」。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 作品
  • 女優
  • エピソード
  • テレビドラマ
  • ドラマ
  • ラジオ
  • 京都
  • 南河内郡
  • 大阪府
  • 富田林市
  • 映画
  • 昭和
  • 著書
  • 道頓堀
  • 関連
  • 題材
  • とき
  • 仕出し弁当
  • 俳優
  • 出演
  • 出演作
  • 初期
  • 前半
  • 奉公
  • 女中
  • 女給
  • 後半
  • 後期
  • 東板持町
  • 知人
  • 養鶏