生年月日データベース

花村元司はなむらもとじ

将棋棋士[日本]

1917年 11月18日

1985年 5月25日 死去享年69歳
花村元司 - ウィキペディアより引用

花村 元司(はなむら もとじ、1917年11月18日-1985年5月25日)は、将棋棋士。
棋士番号39。
静岡県浜松市出身。
木村義雄十四世名人門下。
元真剣師。
つまり、賭け将棋を生業としていた異色の経歴の持ち主。
それゆえか、かなりの実戦派棋士。
真剣の収入で将棋道場を持ち、高級な和服を着こなしていた。
本人は「プロにならないほうが儲かったかもしれない」と述べており、博才が高く花札もかなりの腕前があったとされる。
升田幸三に対し、角香交じり(角落ちと香落ちで交互に対戦すること)で徹夜で勝負して勝ち越すほどの実力を買われ、後援者たちの推挙を得て1944年に異例のプロ五段試験に挑戦することが許された。
花村はこの試験で、プロ棋士を相手に六番勝負で指し分けて合格し、自らプロ棋士になる。
なお、次にプロ入り試験を受けることが認められてプロ入りしたのは2005年の瀬川晶司まで例がなく、当時「1944年に一度行われて以来」と報じられた。
なお、瀬川のプロ入りも特例での実施であり、プロ編入制度が制度化されたのは翌2006年、その制度で初めてプロ棋士となったのは2015年の今泉健司である。

■ 関連書籍

将棋棋士九段、故人。 「東海の鬼」と異名を取った真剣師だったが、戦中の混乱期にプロ試験を受けて飛付プロ五段となった。 棋風は奇手、鬼手が多い、華やかさで、「妖刀」とよばれ、ファンが多かった。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 真剣
  • 名人
  • 囲碁
  • 棋士
  • タイトル戦
  • 優勝
  • 受賞歴
  • 将棋
  • 履歴
  • 弟子
  • 成績
  • 昇段
  • 木村義雄
  • 棋戦
  • 浜松市
  • 登場
  • 著書
  • 関連
  • 静岡県
  • かなり
  • コマ
  • プロ
  • 出身
  • 十四
  • 博才
  • 得意
  • 時代
  • 東海
  • 生計
  • 番号
  • 異例
  • 異名
  • 腕前
  • 花札
  • 落ち
  • 賭け将棋
  • 門下