生年月日データベース

亀田興毅かめだこうき

プロボクシング選手[日本]

1986年 11月17日 生 (満31歳)

亀田興毅 - プロボクシング選手

亀田 興毅(かめだ こうき、男性、1986年11月17日 - )は、日本の元プロボクサー、実業家。
大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。
第21代WBA世界ライトフライ級王者。
第36代WBC世界フライ級王者。
第91代WBA世界バンタム級王者。
日本人初の3階級制覇王者。
亀田三兄弟の長男で、亀田大毅・亀田和毅は実弟、亀田姫月は実妹、亀田史郎は実父である。
左利き。
亀田プロモーション代表取締役社長。
アマチュア時代 11歳の時、父・史郎からボクシングを教わるようになる。
大阪市立天下茶屋中学校時代の3年間は、空手とボクシングの練習を並行して行っていた。
14歳の時、井岡弘樹とエキシビションマッチを行った。
中学卒業後、ボクシングに専念するため高校には進学せず、社会人ボクシングで活動した。
2002年全日本実業団選手権フライ級優勝(当時15歳6か月)、全日本社会人選手権フライ級ベスト4。
全日本アマチュアボクシング選手権大会近畿予選大会フライ級優勝。
2003年全日本実業団選手権フライ級優勝、第55回全日本社会人選手権フライ級優勝(16歳10か月)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

WBA世界ライトフライ級、WBC世界フライ級、WBAバンタム級を制した日本ボクシング史上初の三階級制覇王者。 ノニト・ドネアとの王座統一戦を計画中。異名「浪速の闘拳」亀田3兄弟の長男。 元協栄ボクシングジム所属。 前OPBF東洋太平洋フライ級チャンピオン(防衛せずに返上)。 8月2日、横浜アリーナにてファン・ランダエタとWBAライトフライ級王座決定戦*1を行ない 二度のダウンに11Rでは本人ですら負けを確信していたが、見事、新チャンピオンに輝く。 2006年9月27日、WBA東京総会に出席しているWBAのルイス・パボン審判委員長がファン・ランダエタ戦について「試合のビデオを見た。わたし自身の採点では亀田が3ポイント差で負けていた」と発言。 当初、ランダエタとの再戦を10月18日に行う予定だったが、ヘッドギアを付けたスパーリング中にパンチを受け左まぶたを負傷(全治一ヶ月)し、12月20日に順延となった。 2006年12月20日、有明コロシアムにて、ファン・ランダエタとの再戦が行なわれ、12R判定で勝利(3-0)。 2007年10月11日に行われた亀田大毅の試合の際に起きた反則指示の言動で、東日本ボクシング協会「期限付きのライセンス停止処分」を日本ボクシングコミッション(JBC)に要請。 同日、JBCは倫理委員会を開き、厳重戒告処分。 2010年3月27日。対ポンサクレック戦で初黒星を喫す。 2010年12月26日亀田興毅は強豪アレクサンドル・ムニョスから12Rダウンを奪った末、3−0の判定で破り三階級制覇を達成する。これは、日本ボクシング界史上初の快挙。 2012年3月3日、12年間交際した中学校の同級生で、興毅が社長を務める亀田プロモーシ …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • フライ級
  • 世界
  • ジム
  • ライト
  • 亀田
  • 制覇
  • 時代
  • 王者
  • ボクシング
  • 達成
  • アマチュア
  • バンタム級
  • プロ
  • プロモーション
  • 亀田三兄弟
  • 亀田史郎
  • 亀田和毅
  • 亀田大毅
  • 亀田姫月
  • 代表
  • 協栄
  • 取締役
  • 大阪市
  • 大阪府
  • 天下
  • 日本人
  • 獲得
  • 王座
  • 社長
  • 移籍
  • 西成区
  • 設立
  • サウスポー
  • 出身
  • 協会
  • 実妹
  • 実弟
  • 実父
  • 左利き
  • 評議会
  • 長男