生年月日データベース

清水邦夫しみずくにお

作家[日本]

1936年 11月17日

清水 邦夫(しみず くにお、1936年11月17日 - )は、日本の劇作家、演出家。
新潟県出身。
新潟県立高田高等学校を経て早稲田大学第一文学部演劇科卒業。
演劇企画グループ「木冬社」代表。
妻は女優の松本典子。
早稲田大学在学中に初戯曲『署名人』を発表し、注目を浴びる。
1960年早稲田大学卒業後、岩波映画に入社するが1965年に退社。
劇作家として劇団「青俳」などに戯曲を提供する。
1969年の『真情あふるる軽薄さ』(蜷川幸雄演出)が反響を呼び、蜷川らと結成した劇結社「櫻社」が解散する(1974年)まで、蜷川とコンビを組み、反体制的な若者を描いた作品で人気を集める。
9年のブランクを経て、1982年から蜷川との共同作業が復活、『タンゴ・冬の終わりに』では、ロンドン・ウェストエンドでイギリス人キャストによる上演を行った。
1976年、松本典子らと共に演劇企画グループ「木冬社」を旗揚げ。
自作の演出も数多く手がける。
その他、俳優座、民藝、文学座などに戯曲を提供する一方で映画やテレビドラマ、ラジオドラマの脚本、小説の執筆活動も行う。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    橙色
    歌手
    発売元
    トランジスターレコード
    発売日
    2007年6月21日
    新品価格
    ¥ 959 より
    中古商品
    ¥ 298 より

しみずくにお [生]1936.11.17.新潟劇作家。早稲田大学文学部演劇科在学中に書いた処女作『署名人』(1958)で注目される。卒業後,岩波映画社でシナリオを担当,1965年退社。蜷川幸雄らと現代人劇場(のちの櫻社)を結成。69年の『真情あふるる軽薄さ』以後,1970年代前半の若者の変革運動と苦渋を切実に語る芝居を上演。74年櫻社解散,76年に妻で女優の松本典子らと木冬社を結成し,年1回の新作上演を行う。『ぼくらが非情の大河をくだる時』(72)で岸田国士戯曲賞,『エレジー』(83)で読売文学賞を受賞した。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 早稲田大学
  • 映画
  • テレビドラマ
  • ドラマ
  • ラジオ
  • 作品
  • 劇作
  • 劇場
  • 卒業
  • 受賞歴
  • 女優
  • 学校
  • 小説
  • 岩波
  • 戯曲
  • 文学部
  • 新宿
  • 新潟
  • 松本典子
  • 演劇
  • 県立
  • 脚本
  • 高田
  • 高等
  • アート
  • グループ
  • コンビ
  • シアター
  • 一時代
  • 代表
  • 企画
  • 入社
  • 劇作家
  • 劇団
  • 在学
  • 拠点
  • 提供
  • 文化
  • 東京
  • 注目
  • 演出家
  • 現代人
  • 発表
  • 結成
  • 署名
  • 蜷川
  • 蜷川幸雄
  • 製作所
  • 退社