生年月日データベース

イサム・ノグチ

彫刻家[アメリカ]

1904年 11月17日

1988年 12月30日 死去心不全享年85歳
イサム・ノグチ - ウィキペディアより引用

イサム・ノグチ(Isamu Noguchi、日本名:野口 勇、1904年11月17日 - 1988年12月30日)は、アメリカ合衆国ロサンゼルス生まれの彫刻家、画家、インテリアデザイナー、造園家・作庭家、舞台芸術家。
日系アメリカ人である。
父親が日本人(愛知県生まれの日本の詩人で慶應義塾大学教授の野口米次郎)で母親がアメリカ人(アメリカの作家で教師のレオニー・ギルモア)のハーフ。
1907年、イサムが3歳の時に母レオニーと来日し、米次郎と同居する。
そして米次郎は武田まつ子と結婚し、イサムは野口勇として、森村学園付属幼稚園に通学する。
1年後に神奈川県茅ヶ崎市に転居して地元の小学校へ転入し、その年に米次郎とまつ子の子供アイリス(イサムにとっては異父妹)が誕生する。
1913年からは野口勇に代わりイサム・ギルモア(ギルモアは母の性)を名乗り、横浜市のセント・ジョセフ・インターナショナル・カレッジへ転入し、茅ヶ崎の自宅の新築設計を手伝うなど数々の建築作品に携わった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

いさむのぐちIsamuNoguchi(1904―1988) アメリカの現代彫刻家。ロサンゼルスで詩人野口米次郎とアメリカ人女性との間に生まれる。日本で少年期を過ごしたのち渡米。初めボーグラムに彫刻を学び、1927年渡仏してブランクーシの助手となる。1932年ニューヨークに工房を構えて以来、公共彫刻やランドスケープ・デザインなど、また舞台美術の分野でも特異な活動を展開した。1940年代から埴輪(はにわ)と、ミロ、アルプ系の有機的な抽象形態を融合したフォルムによる堅牢(けんろう)で優美な造形を試み、多様な実験のうちに新しい可能性を追求した。1956年から3年がかりで完成したパリ・ユネスコ本部の日本庭園(石庭)、1970年の大阪万国博覧会の噴水などの庭園の造形や、ランプシェード「あかり」のデザインでも知られる。1985年に完成したニューヨークのノグチ・ミュージアムと、香川県牟礼(むれ)町(現高松市)のアトリエを拠点に日米で活動を続けていたが、1988年(昭和63)12月30日ニューヨークに没した。1999年(平成11)作品とアトリエを公開するイサム・ノグチ庭園美術館が香川県に開館した。[桑原住雄][参照項目]|野口米次郎|ブランクーシ[関連リンク]|TheNoguchiMuseum http://www.noguchi.org/|イサム・ノグチ庭園美術館 http://www.isamunoguchi.or.jp/ モエレ沼公園 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 作品
  • アメリカ人
  • インテリア
  • ギルモア
  • デザイナー
  • レオニー
  • ロサンゼルス
  • 作庭
  • 彫刻家
  • 愛知県
  • 慶應義塾大学
  • 日系
  • 画家
  • 舞台
  • 芸術
  • 著作
  • 評伝
  • 詩人
  • 造園家
  • 逸話
  • 野口米次郎
  • 関連
  • アメリカ
  • 作家
  • 教師
  • 教授
  • 日本
  • 日本人
  • 母親
  • 父親