誕生日データベース

東浩紀

作家、批評家[日本]

1971年 5月9日

東 浩紀(あずま ひろき、1971年(昭和46年)5月9日 - )は、日本の評論家、現代思想研究者。
学位は博士(学術)(東京大学・1999年)。
ゲンロン代表取締役社長兼編集長。
東京都三鷹市出身。
筑波大学附属駒場高等学校卒業。
高校時代からニュー・アカデミズムおたく・アイドルおたくであった。
学部時代の専攻は科学史、科学哲学であり、大学院時代の専攻は、哲学(現代思想、フランス現代思想)、表象文化論である。
学生時代はミハイル・バフチンをとるかジャック・デリダをとるかで悩んだという。
本人は「現代思想好きのオタク」を自認する。
思想系の研究者としての道を歩む中で、情報社会論も専門としているが、決して社会学者ではない。
大学教員としては、東京大学大学院情報学環客員助教授、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター副所長・教授、東京工業大学世界文明センター人文学院特任教授、早稲田大学文学学術院教授などを歴任している。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • ゲンロン
  • 哲学
  • 思想
  • 政治
  • 二元論
  • 人生
  • 代表
  • 博士
  • 取締役
  • 執筆
  • 大震災
  • 姿勢
  • 学術
  • 小説
  • 小説家
  • 影響
  • 憲法
  • 改正
  • 東京大学
  • 東日本
  • 棄権
  • 活動
  • 社会
  • 社長
  • 自己
  • 証明
  • 議論
  • 超越
  • 学位
  • 編集者
  • 編集長