生年月日データベース

木下是雄きのしたこれお

物理学者[日本]

1917年 11月16日

木下 是雄(きのした これお、1917年(大正6年)11月16日 - 2014年(平成26年)5月12日)は、日本の物理学者。
薄膜や固体表面に関する研究を進めていく一方で、ロゲルギストの一員として、雑誌「自然」に科学に関するエッセイを多数発表した。
また、日本語教育に関する著書も多数発表した。
特に『理科系の作文技術』は2014年現在も重版されるほどのベストセラーとなっている。
1917年(大正6年) - 益雄の長男として東京府で生まれる。
1941年(昭和16年) - 東京帝国大学理学部物理学科を卒業。
1953年(昭和28年) - 学習院大学理学部教授に就任。
1956年(昭和31年) - 学術会議オブザーバーとして米国南極観測隊に参加。
1968年(昭和43年) - 応用物理学会会長に就任。
1969年(昭和44年) - 国際光学委員会副会長に就任。
1973年(昭和48年) - 学習院大学理学部長に就任。
1981年(昭和56年) - 学習院大学学長に就任。
1985年(昭和60年) - 学習院大学を退職。

■ 関連書籍

「木下是雄」と関連する人物

連想語句
  • 著書
  • ロゲルギスト
  • 作文
  • 共著
  • 医学者
  • 医科大学
  • 単著
  • 多数
  • 学者
  • 技術
  • 日本
  • 東京
  • 熊本
  • 物理
  • 理科
  • 発表
  • 翻訳
  • 薄膜
  • 関連
  • エッセイ
  • ベストセラー
  • 一員
  • 一方
  • 固体
  • 大正
  • 教授
  • 教育
  • 日本語
  • 現在
  • 益雄
  • 科学
  • 自然
  • 表面
  • 重版
  • 長男
  • 雑誌