誕生日データベース

大豊泰昭たいほうやすあき

プロ野球選手[台湾]

(本名・陳大豊)

1963年 11月15日

2015年 1月18日 死去急性骨髄性白血病享年53歳

大豊 泰昭(たいほう やすあき、本名:陳 大豊(チェン・ダーフォン:Ta-Feng Chen)、1963年11月15日 - 2015年1月18日)は、台湾南投県埔里鎮出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。
左投げ左打ち。
元プロ野球選手の大順将弘(陳大順)は弟。
プロ入り前 華興中學では台湾大会で優勝し、華興高では世界大会で優勝。
王貞治に憧れて日本行きを希望するが、20歳にならないと出国できないため、卒業後に2年間母校でコーチを務めた。
知人の紹介で知り合った愛知県新城市在住の新聞販売店主が身元引受人となって来日し、1984年に名古屋商科大学へ入学。
愛知大学野球リーグ通算96試合出場、343打数120安打、打率.350、24本塁打、94打点。
敢闘賞2回、ベストナイン4回受賞。
通算24本塁打はリーグ記録である。
全日本代表にも2回選出された。
卒業後は、日本人選手扱いとして日本プロ野球(NPB)入りするため、中日ドラゴンズの球団職員として1年間在籍(当時の背番号は95番。

■ 関連書籍

プロ野球選手。本名、陳大豊。 左投左打、ポジションは外野手→一塁手。背番号は55→60番。 弟に大順将弘。 1963年11月15日生まれ。台湾南投県埔里出身。 1984年、王貞治に憧れ来日、名古屋商科大学に入学し愛知大学リーグ記録で活躍。 卒業後、日本人選手扱いとして入団するため、中日ドラゴンズの球団職員として1年間在籍。*1 1988年、ドラフト2位で中日ドラゴンズに入団。 1年目より一軍に定着。1994年、一塁手となり、本塁打、打点の2冠王を獲得し快進撃に貢献。 また、広島東洋カープ戦で18本塁打を記録し、年間カード別最多本塁打の日本記録となる。 1998年、久慈照嘉・関川浩一との2対2の交換トレードで、矢野輝弘と共に阪神タイガースに移籍。 移籍後も主力打者として活躍。 2001年、中日ドラゴンズに復帰。*2 2002年、現役引退。 引退後は、中日のスカウト部付・アジア地区スカウトを務める。 2004年には、名古屋に中華料理店・大豊飯店を開店した。 2005年、マスターズリーグ・名古屋エイティディザーズに入団。 2015年1月18日、急性骨髄性白血病で死去。享年51。 *1:現在は野球協約が改正されており、日本の学校教育を3年以上連続して受ければ、日本人選手扱いとして認められる。 *2:ドラゴンズ復帰の際、タンバリングが問題となった。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 中日
  • 時代
  • プロ野球
  • 選手
  • アメリカ人
  • スタイル
  • プレー
  • プロ
  • 一本足
  • 内野手
  • 南投
  • 台湾
  • 右足
  • 外野手
  • 大豊
  • 大順将弘
  • 審判
  • 帰国
  • 引退
  • 復帰
  • 打法
  • 発端
  • 私生活
  • 詳細
  • 阪神
  • たいほう
  • やすあき
  • チェン
  • フォン
  • 出身
  • 大順
  • 年度
  • 成績
  • 打撃
  • 本名
  • 泰昭