誕生日データベース

小早川毅彦こばやかわたけひこ

プロ野球選手、解説者[日本]

1961年 11月15日

小早川毅彦 - ウィキペディアより引用

小早川 毅彦(こばやかわ たけひこ、1961年11月15日 - )は、広島県広島市出身の元プロ野球選手(内野手)、指導者、野球解説者。
プロ入りまで 広島市立矢野中学校時代から野球を始め、高校はPL学園に進学、甲子園に2回出場している。
2年生の時、六番打者、一塁手として1978年春の選抜に出場するが、準々決勝で箕島高の石井毅、嶋田宗彦のバッテリーに完封を喫する。
同年夏の選手権でチームは初優勝を飾るが、膝の故障で欠場を余儀なくされた。
1年上のチームメートに西田真次、木戸克彦、谷松浩之、金石昭人がいた。
翌1979年春の選抜から四番打者となるが、準決勝でまたも箕島高に延長10回サヨナラ負け。
同年夏は府予選決勝で牛島和彦、香川伸行のバッテリーを擁する浪商に敗北し、甲子園出場を逸する。
高校同期には山中潔、阿部慶二、山崎剛がいる。
卒業後は西田、木戸の後を追って法政大学経済学部経済学科に入学する。
東京六大学野球リーグでは4回優勝。
1年生の1980年春季リーグから四番打者を務め、史上最年少でベストナイン(一塁手)に選出される。

■ 映像作品

■ 関連書籍

プロ野球選手。 右投左打、ポジションは一塁手。背番号は6→7番。 1961年11月15日生まれ、広島県出身。名家小早川家の末裔。 中学より野球を始め、PL学園−法政大学と進学。PL学園では2度の甲子園出場。 法政大学では、1年春から四番一塁でデビューし、東京六大学野球で三冠王、日米大学野球で首位打者に輝く。 1984年、ドラフト2位で広島東洋カープに入団。打率.280、16本塁打で新人王獲得。 1987年、山本浩二の引退後、“カープの四番”に座り、江川卓に引退を決意させたというホームランを放つ。 1997年、ヤクルトスワローズに移籍。読売ジャイアンツとの開幕戦で、斎藤雅樹から史上3人目の開幕3打席本塁打を放つなど、優勝に貢献した。 1999年、現役引退。 引退後はNHK・サンケイスポーツ解説者。 マスターズリーグ・福岡ドンタクズ→札幌アンビシャスの選手、モルツ球団の選手としても活躍。 2006年、広島東洋カープの打撃コーチに就任。古巣復帰。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • シングル
  • タイトル
  • プロ
  • プロ野球
  • 内野手
  • 出演
  • 年度
  • 広島市
  • 広島県
  • 引退
  • 成績
  • 打撃
  • 時代
  • 現役
  • 番組
  • 背番号
  • 著書
  • 表彰
  • 解説者
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 野球
  • 関連
  • こばやかわ
  • たけひこ
  • 出身
  • 小早川
  • 指導者
  • 毅彦