誕生日データベース

ダニエル・バレンボイムDaniel Barenboim

指揮者[アルゼンチン]

1942年 11月15日

ダニエル・バレンボイム - ウィキペディアより引用

ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim, 1942年11月15日 ブエノスアイレス - )はアルゼンチン出身のユダヤ人ピアニスト・指揮者。
現在の国籍はイスラエル。
ロシア出身のユダヤ系移民を両親として生まれる。
5歳のとき母親にピアノの手ほどきを受け、その後は父エンリケに師事。
両親のほかにピアノの指導を受けてはいない。
少年時代から音楽の才能を表し、1950年8月まだ7歳のうちにブエノスアイレスで最初の公開演奏会を開いてピアニストとしてデビュー。
1952年に家族を挙げてイスラエルに移住。
2年後の1954年夏、両親に連れられ、ザルツブルクでイーゴリ・マルケヴィチの指揮法のマスタークラスに出席。
同年夏、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーを訪ねる。
(フルトヴェングラーが「これは天才だ!」と紹介している映画のワン・シーンがある。
)その他イタリアで当時無名で友人のクラウディオ・アバドと一緒に、フランコ・フェラーラの指揮クラスにも出席している。
1955年にパリで和声と作曲をナディア・ブーランジェに師事。
1952年にウィーンとローマにおいて、ピアニストとしてのヨーロッパ・デビューを果たす。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim 1942.11.15-) 現代を代表するクラシック音楽のピアニスト、指揮者。 アルゼンチン・ブエノスアイレスで、ロシア系ユダヤ人移民の子供として生まれる。 ピアニストの両親からピアノを習い、フルトヴェングラーに絶賛される傑出した才能を幼時から発揮。 1952年にイスラエルに移住。10代の頃からコンサートピアニストとして活躍。 20代半ばからは、ピアノ演奏と並行して、指揮活動に取り組む。パリ管弦楽団(1975-89)、シカゴ交響楽団(1991-2006)の音楽監督を経て、現在はベルリン・シュターツカペレの音楽監督(1992-)をつとめている。 中東地域の平和活動にも熱心にとりくみ、中東紛争当時国・地域出身の若手音楽家を集めたオーケストラ(ウェスト=イースタン・ディヴァン・オーケストラ West-Eastern Divan Orchestra)を、親友のエドワード・サイードと共に設立。このオーケストラの指導、指揮を行っている。 録音多数。レパートリーは、バッハから現代曲までと幅広い。モーツァルト、ベートーヴェン、ワーグナーの演奏・指揮には定評がある。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • イスラエル
  • ピアニスト
  • ユダヤ人
  • パレスチナ
  • ピアノ
  • ブエノスアイレス
  • レコーディング
  • レパートリー
  • ロシア
  • 両親
  • 出典
  • 受賞歴
  • 問題
  • 指揮者
  • 文化人
  • 注釈
  • とき
  • エンリケ
  • デビュー
  • ユダヤ
  • 公開
  • 出身
  • 国籍
  • 少年
  • 師事
  • 手ほどき
  • 才能
  • 指導
  • 時代
  • 最初
  • 母親
  • 演奏会
  • 現在
  • 移民
  • 音楽