誕生日データベース

内田康夫うちだやすお

推理小説作家[日本]

1934年 11月15日

2018年 3月13日 死去敗血症享年85歳

内田康夫(うちだ やすお、1934年11月15日 - )は、日本の推理作家。
西村京太郎、山村美紗とともに、旅情ミステリー作家の代表的人物として知られる。
代表作(シリーズ)に『浅見光彦(テレビドラマ版は「浅見光彦シリーズ」参照)』『岡部警部(テレビドラマ版は「岡部警部シリーズ」参照)』『信濃のコロンボ(テレビドラマ版は「信濃のコロンボ事件ファイル」参照)』など。
特に『浅見光彦シリーズ』は、テレビ会社各局の2時間ドラマ帯にて長期シリーズを獲得するなど人気を博しており、その中の一作『天河伝説殺人事件』は映画にもなった。
後述における「初期三作」のうち、商業デビュー作とされる第三作『後鳥羽伝説殺人事件』は『浅見光彦』シリーズの第一作でもある。
近年は日本経済新聞夕刊にて時代小説「地の日 天の海」を連載(2007年10月連載終了)。
発表した作品の累計発行部数は1億部を超える。
東京府東京市滝野川区(現・東京都北区)出身。
父は長野県長野市出身の医師。
実家が戦災に遭い長野市を皮切りに戸隠山麓の村、秋田県羽後町、雄勝町、埼玉県などを転々。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

作家。 1934年(昭和9年)11月15日、現在の東京都北区生まれ。 1980年(昭和55年)、コピーライター、テレビCM制作会社経営を経て『死者の木霊』でデビュー。 1982年(昭和57年)、作家業に専念。 1983年(昭和58年)、軽井沢に居をかまえる。 1993年(平成5年)、浅見光彦倶楽部を設立(2001年4月現在、会員数はおよそ1万人)。 1994年(平成6年)、浅見光彦倶楽部会員のための施設「浅見光彦倶楽部クラブハウス」が軽井沢に完成。 1999年(平成11年)10月、沖縄県を舞台にした『ユタが愛した探偵』(徳間書店)で全国制覇を達成。 2001年(平成13年)4月、最新作『鯨の哭く海』(祥伝社)で作品数は124冊。 ☆そのうち、浅見光彦シリーズは85冊(『浅見光彦のミステリー紀行1〜7・番外編1〜2』『ふりむけば飛鳥』 『名探偵浅見光彦の食いしん坊紀行』『名探偵浅見光彦のニッポン不思議紀行』は含まない)。 2008年(平成20年)、第11回日本ミステリー文学大賞を受賞。 2015年(平成27年)、脳梗塞で倒れる。 2017年(平成29年)、小説の休筆を宣言。 2018年(平成30年)3月13日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • シリーズ
  • 浅見光彦
  • 岡部
  • コロンボ
  • テレビドラマ
  • 事件
  • 伝説
  • 信濃
  • 殺人
  • 警部
  • 作品
  • 作家
  • リスト
  • 天河
  • 山村美紗
  • 岩男
  • 後鳥羽
  • 竹村
  • 紀行文
  • 西村京太郎
  • 随筆
  • テレビ
  • デビュー作
  • ドラマ
  • ミステリー
  • 一作
  • 三作
  • 人気
  • 代表作
  • 初期
  • 各局
  • 和雄
  • 商業
  • 後述
  • 推理
  • 旅情
  • 映画
  • 獲得
  • 発行
  • 発表
  • 累計
  • 部数
  • 長期