生年月日データベース

笹沢左保ささざわさほ

作家[日本]

1930年 11月15日

2002年 10月21日 死去享年73歳

笹沢 左保(ささざわ さほ、1930年11月15日 - 2002年10月21日)は、日本の小説家。
本名は笹沢 勝(ささざわ まさる)。
デビュー当時の筆名は笹沢佐保だが、『招かれざる客』の単行本でデビューした翌年から左保と改めた。
来歴・人物 詩人笹沢美明の三男として東京府にて出生。
その後、神奈川県横浜市に移った。
郵政省勤務時、芝居の台本を執筆しながらチャンスを待っていたのは、余り知られていない。
テレビドラマ化されて大ヒットした『木枯し紋次郎』シリーズの原作者として知られ、推理小説、サスペンス小説、恋愛論などのエッセイ他、歴史書等も著し、380冊近くもの著書を残した。
筆名の左保は、夫人の名前からとったもの。
晩年(1988年以降)は、喧噪からの逃避と療養を兼ねて、紋次郎の出生地三日月村に似た三日月町が実在し、田澤義鋪や下村湖人を輩出した青年団運動の中心地佐賀県に移り住んだ。
以後その地で旺盛な執筆活動を継続し、九州さが大衆文学賞(笹沢左保賞)の創設・運営にも携わり後進を育てた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

作家。ミステリ、時代劇双方の巨匠。代表作は1970年(昭45)からはじまった「木枯し紋次郎」シリーズ。1930年、横浜市生まれ。父は詩人の笹沢美明?。 シナリオライターを経て、1960年に発表した処女作「招かれざる客」が江戸川乱歩賞次席になり、作家生活に入る。翌1961年「人喰い」で日本推理作家協会賞を受賞。 1999年日本ミステリー文学大賞受賞。 2002年(平14)10月21日 逝去。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • シリーズ
  • 小説
  • 紋次郎
  • タイトル
  • デビュー
  • ミステリ
  • ミステリー
  • 作品
  • 刊本
  • 勇士
  • 夜明
  • 失脚
  • 宮本武蔵
  • 幕閣
  • 影響
  • 徳川
  • 悪魔
  • 日出夫
  • 時代
  • 曜日
  • 木枯し
  • 現代
  • 盛衰記
  • 真田
  • 股旅
  • 著作
  • 単行本
  • 左保
  • 当時
  • 捕物帳
  • 疫病神
  • 笹沢
  • 筆名
  • 翌年