誕生日データベース

宮口精二みやぐちせいじ

俳優[日本]

1985年 4月12日 死去肺がん享年73歳
宮口 精二(みやぐち せいじ、1913年11月15日 - 1985年4月12日)は、日本の俳優。
本名は宮口 精次。
築地座を経て文学座に参加し、同座の中心として多くの舞台に立ち、文学座退団後は東宝演劇部に所属して商業演劇に出演した。
戦後から映画にも多く出演、巨匠監督の作品に立て続けに起用され脇役として活躍した。
個人雑誌『俳優館』の刊行もしていた。
主な出演映画に『七人の侍』『張込み』『日本のいちばん長い日』など。
来歴・人物 1913年(大正2年)11月15日、東京府東京市本所区緑町(現在の墨田区緑)に、大工の父・周市と母・もとの6人兄弟の次男として生まれる。
幼時に本所区内の林町に移住する。
中和尋常小学校を経て東京市立第二中学校に入学するが、家庭の経済的事情から同校の夜学である上野夜間中学に転じ、同時に校長の紹介で福徳生命(現在のマニュライフ生命保険)東京支店に給仕として入社する。

■ 関連映像作品

タイトル
女の一生 [DVD]
監督
久保田万太郎/戌井市郎
出演俳優
発売元
(株)カズモ
発売日
2004年10月01日
新品価格
¥ 5,800 より
中古商品
より
タイトル
女舞 松竹新三羽烏傑作集 SYK-140 [DVD]
監督
出演俳優
発売元
コアラブックス
発売日
2012年5月22日
新品価格
¥ 1,812 より
中古商品
¥ 1,464 より
タイトル
日本のいちばん長い日 [DVD]
監督
出演俳優
三船敏郎加山雄三黒沢年男小林桂樹宮口精二
発売元
東宝
発売日
2005年7月22日
新品価格
より
中古商品
¥ 1,690 より
タイトル
続・姿三四郎 [Blu-ray]
監督
出演俳優
発売元
東宝
発売日
2009年10月23日
新品価格
¥ 2,792 より
中古商品
¥ 2,000 より
タイトル
七人の侍 [Blu-ray]
監督
出演俳優
発売元
東宝
発売日
2009年10月23日
新品価格
¥ 4,568 より
中古商品
¥ 4,656 より
タイトル
幻の湖 [東宝DVDシネマファンクラブ]
監督
出演俳優
発売元
東宝
発売日
2013年11月08日
新品価格
¥ 3,650 より
中古商品
より
タイトル
張込み [DVD]
監督
出演俳優
大木実田村高広宮口精二
発売元
松竹ホームビデオ
発売日
2005年11月26日
新品価格
より
中古商品
¥ 1,380 より
タイトル
あの頃映画 松竹DVDコレクション 異聞猿飛佐助
監督
出演俳優
発売元
松竹
発売日
2013年11月27日
新品価格
¥ 2,431 より
中古商品
¥ 1,000 より
タイトル
NHKアーカイブス ドラマ名作選集 第1期 テレビ草創期~モノクロの時代~ [DVD]
監督
出演俳優
発売元
ポニーキャニオン
発売日
2007年11月21日
新品価格
より
中古商品
¥ 9,500 より
タイトル
<あの頃映画> 乾いた花 [DVD]
監督
出演俳優
発売元
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
発売日
2013年1月30日
新品価格
¥ 1,982 より
中古商品
¥ 4,000 より

■ 関連書籍

タイトル
俳優館
著者
宮口精二
発売元
大和山出版社
発売日
1983-05
新品価格
より
中古商品
¥ 540 より
タイトル
役者という存在 宮口精二: チェーホフと福田恆存の劇世界
著者
宮入弘光
発売元
軌跡社
発売日
2016-05-01
新品価格
より
中古商品
より
タイトル
役者という存在―宮口精二について (1983年)
著者
宮入弘光
発売元
軌跡社
発売日
1983-03
新品価格
より
中古商品
¥ 1,899 より
タイトル
役者という存在宮口精二―チェーホフと福田恆存の劇世界
著者
宮入弘光
発売元
軌跡社(さいたま)
発売日
2016-10
新品価格
より
中古商品
¥ 1,500 より
タイトル
隔週刊 東映時代劇 傑作DVDコレクション(53)[風の武士]
著者
大川橋蔵/櫻町弘子/久保菜穂子/野際陽子/大木実/中原早苗/南原宏治/原健策/沢村宗之助/宮口精二
発売元
発売日
2011
新品価格
より
中古商品
¥ 749 より
タイトル
古都
著者
発売元
新潮社
発売日
1968-08-27
新品価格
より
中古商品
より
タイトル
キネマ旬報セレクション 黒澤 明
著者
発売元
キネマ旬報社
発売日
2010-04-06
新品価格
¥ 2,376 より
中古商品
¥ 1,400 より
連想語句
映画出演文学座演劇舞台テレビドラマ七人の侍作品受章受賞商業多く日本東宝築地中心俳優個人出演作刊行参加同座大正巨匠戦後所属活躍監督立て続け脇役起用退団雑誌

↑ PAGE TOP