誕生日データベース

宮口精二みやぐちせいじ

俳優[日本]

1913年 11月15日

1985年 4月12日 死去肺がん享年73歳
宮口精二 - ウィキペディアより引用

宮口 精二(みやぐち せいじ、1913年11月15日 - 1985年4月12日)は、日本の俳優。
本名は宮口 精次。
築地座を経て文学座に参加し、同座の中心として多くの舞台に立ち、文学座退団後は東宝演劇部に所属して商業演劇に出演した。
戦後から映画にも多く出演、巨匠監督の作品に立て続けに起用され脇役として活躍した。
個人雑誌『俳優館』の刊行もしていた。
主な出演映画に『七人の侍』『張込み』『日本のいちばん長い日』など。
来歴・人物 1913年(大正2年)11月15日、東京府東京市本所区緑町(現在の墨田区緑)に、大工の父・周市と母・もとの6人兄弟の次男として生まれる。
幼時に本所区内の林町に移住する。
中和尋常小学校を経て東京市立第二中学校に入学するが、家庭の経済的事情から同校の夜学である上野夜間中学に転じ、同時に校長の紹介で福徳生命(現在のマニュライフ生命保険)東京支店に給仕として入社する。

■ 映像作品

■ 関連書籍

みやぐち・せいじ。大正2年11月、東京本所生まれ。本名、宮口精次。旧制上野二中卒。 昭和8年、田村秋子・友田恭助主宰の築地座に入座し、昭和13年には文学座の創立に参加。昭和40年に退座するまで劇団の幹部俳優として活躍し、久保田万太郎や福田恆存作品には欠かせぬ存在となる。晩年は、東宝演劇部に所属し、芸術座の常連役者となった。いっぽうで、名脇役として140本以上の映画に出演。黒澤明、小津安二郎、成瀬巳喜男、木下恵介ら巨匠の作品でも名演を見せ、テレビ、ラジオの仕事も少なくない。市井の善人から凄みのある悪役まで、さまざまな役柄を得意とし、地味ながらも生涯現役を貫いた。 また、多彩な趣味人としても知られ、昭和45年には、幅広い人脈を生かしてミニコミ季刊誌『俳優館』(俳優館)を創刊。亡くなるまで雑誌づくりに情熱をかたむけたほか、野球のアンパイアでは玄人はだしの腕前も見せた。 昭和60年4月死去。享年71。 著書に、『俳優館・宮口精二対談集』全2巻(白川書院、昭和51年/大和山出版社、昭和58年)。関連書に、『俳優館・宮口精二追悼特集号』(俳優館、昭和61年)、宮入弘光著『役者という存在・宮口精二について』(軌跡社、昭和63年)がある。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 映画
  • 出演
  • 文学座
  • 演劇
  • 舞台
  • テレビドラマ
  • 七人の侍
  • 作品
  • 受章
  • 受賞
  • 商業
  • 多く
  • 日本
  • 東宝
  • 築地
  • 中心
  • 俳優
  • 個人
  • 出演作
  • 刊行
  • 参加
  • 同座
  • 巨匠
  • 戦後
  • 所属
  • 活躍
  • 監督
  • 立て続け
  • 脇役
  • 起用
  • 退団
  • 雑誌