誕生日データベース

庭野日敬にわのにっきょう

宗教家、立正佼成会開祖[日本]

1906年 11月15日

1999年 10月4日 死去享年94歳
庭野日敬 - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

にわのにっきょう [生]1906.11.15.新潟[没]1999.10.4.東京宗教家,立正佼成会開祖。本名は庭野鹿蔵。十日町市の農家の次男として生れ,小学校卒業後,1924年に上京し,働きながら易学などを学ぶ。次女の病気を機に霊友会に入信する。38年会長・小谷喜美への反発から脱会して,長沼妙佼とともに大日本立正交成会を設立,43年会長に就任する。第2次世界大戦後は立正交成会と改称し,さらに60年に立正佼成会と改める。65年新日本宗教団体連合会理事長に就任,活動の幅を社会救済へと広げた。世界宗教者平和会議WCRPを組織し,世界宗教者会議日本委員会委員長をつとめるなど,諸宗教間の対話交流の促進に尽力した。79年宗教界のノーベル賞といわれる「宗教における進歩のためのテンプルトン賞」を日本人で初めて受賞した。 (引用元 コトバンク)

「庭野日敬」と関連する人物

連想語句
  • 宗教
  • 教団
  • 佼成
  • 信仰
  • 新潟県
  • 昭和
  • 法華経
  • 立正
  • テンプルトン
  • ノーベル賞
  • 中魚沼郡
  • 修験道
  • 十日町
  • 十日町市
  • 庭野
  • 易学
  • 菅沼
  • 著書
  • 関連
  • 霊友会
  • きっかけ
  • 一時期
  • 上京
  • 会長
  • 信者
  • 傍ら
  • 入会
  • 公称
  • 初代
  • 創立
  • 助信
  • 卒業
  • 受賞者
  • 在家
  • 子供
  • 小学校
  • 師事
  • 幹部
  • 当時
  • 新井
  • 日本人
  • 明治
  • 様々
  • 次男
  • 法華
  • 漬物店
  • 牛乳
  • 病気
  • 米穀店
  • 自分
  • 薪炭
  • 講義
  • 農家
  • 遍歴
  • 重吉
  • 開祖
  • 鹿蔵