誕生日データベース

野尻抱影のじりほうえい

文学者、天文民俗学者[日本]

1885年 11月15日

1977年 10月30日 死去享年93歳
野尻抱影 - ウィキペディアより引用

野尻 抱影(のじり ほうえい、本名・正英(まさふさ)、1885年11月15日 - 1977年10月30日)は日本の英文学者、随筆家、天文民俗学者。
早稲田大学文学部英文学科卒業。
準惑星である冥王星の和訳命名者。
古今東西の星座・星名を調べ上げたことから 「和製アレン」 とでも言うべき存在でもあった。
とくに、星の和名の収集研究で知られる。
日本各地の科学館やプラネタリウムで行われる、星座とその伝説の解説には、野尻の著作が引用されることが多い。
若くして文学に興味を持ち、小泉八雲に傾倒した。
星の和名の収集を始めたのは40歳を過ぎてからであった。
「抱影」という雅号は、早稲田大学文学部在学中、文芸誌「白百合」に作品を掲載するにあたり前田林外が金剛経の一節「夢幻泡影」から考案し、岩野泡鳴、相馬御風と相談して決めたものである。
略年表 1885年11月 - 神奈川県横浜市に生まれた。
1903年 - 神奈川県立第一中学校卒業。
1906年 - 早稲田大学文学部英文学科卒業。
学生時代、小泉八雲の指導を受ける。
若い頃彼は、英語の怪談、幽霊、心霊に関する書籍の翻訳もし出版。

■ 映像作品

■ 関連書籍

英米文学者。天文に関する著作を多数残す。 1885年(明治18年)11月15日―1977年(昭和52年)10月30日。本名正英(まさふさ)。横浜市関外に野尻正助の長男として生まれる。末弟は清彦(大佛次郎)。神奈川第一中学から早大英文科卒。 ラフカデオ・ハーン、坪内逍遥、島村抱月に学び相馬御風、曾津八一と親交を結ぶ。1907年(明治40年)5月甲府中学英語教師として着任。寄宿舎監を兼ねる。この間、甲州の風土、人情に大きな関心を持つ。1908年(明治41年)初めに白根北岳に登り南アルプス草創期の開拓者の一人となり、小島烏水に「雪形」を紹介。また山国の星空に魅せられる。1912年(明治45年)麻布中学に転じる。後、研究社に勤務、編集長となる。早大講師などを兼ねながら文筆活動、ラジオ放送を通じて天文趣味を全国に普及した。 1912年(明治45年)甲府中学校長大島正健の次女麗子と結婚するも、1918年(大正7年)死別。翌年、麗子の姉、百合と再婚している。 「星座巡礼」「星座神話」「日本の星」「星と東方美術」「星三百六十五夜」などの天文随想のほかにスチーブンソン「宝島」の名訳もあり、同人誌「中央線」への寄稿も多い。冥王星の命名者としても知られる。91歳で没する時霊園をオリオン星座の一角に求めたという逸話がある。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 文学部
  • 早稲田大学
  • アレン
  • プラネタリウム
  • 共著
  • 冥王星
  • 前田
  • 単著
  • 収集
  • 和名
  • 家族
  • 小泉八雲
  • 岩野泡鳴
  • 年表
  • 惑星
  • 文学
  • 星座
  • 林外
  • 民俗学
  • 相馬御風
  • 著書
  • 親族
  • 訳書
  • 金剛
  • ヒンクリー
  • リチャード
  • 一節
  • 伝説
  • 作品
  • 傾倒
  • 卒業
  • 古今
  • 各地
  • 命名者
  • 和製
  • 和訳
  • 在学
  • 夢幻泡影
  • 天文
  • 天文学
  • 引用
  • 抱影
  • 掲載
  • 文芸
  • 日本
  • 星名
  • 東西
  • 白百合
  • 相談
  • 科学館
  • 考案
  • 興味
  • 英文学
  • 著作
  • 解説
  • 訳注
  • 野尻
  • 随筆家
  • 雅号