生年月日データベース

オーギュスト・ロダンFrançois-Auguste-René Rodin

彫刻家[フランス]

1840年 11月12日

1917年 11月17日 死去享年78歳
オーギュスト・ロダンの名言
経験を賢く生かすのならば、何事も時間の無駄にはならない。
Nothing is a waste of time if you use the experience wisely.
オーギュスト・ロダン - ウィキペディアより引用

フランソワ=オーギュスト=ルネ・ロダン(フランス語: François-Auguste-René Rodin、1840年11月12日 - 1917年11月17日)は、フランスの彫刻家。
19世紀を代表する彫刻家とされ、『近代彫刻の父』と称される。
代表作に『地獄の門』、その一部を抜き出した『考える人』など。
生涯 生い立ちと長い職人時代 パリ在住の労働者階級の子として生まれた。
父ジョアン・バティスタは警察に雇われる事務員で、オーギュスト・ロダンは妻マリーとの間に生まれた二人目の子供だった。
ロダンはエコール・デ・ボザールなどの美術の専門教育(アカデミズム)を受けず、特に青年期以降はほとんど独学で彫刻を習得したことで知られている。
本人の談によれば10歳の時に初めて絵を描いたことで美術に興味を持ち、14歳の時に地元のプティット・エコール(小さな学校)と呼ばれる工芸学校に入校した。
子供達に絵画やデッサンを教えていたルコック・ボードランという教員はロダンを最初に評価した人物で、後年にロダンは感謝の言葉を残している。

■ 関連書籍

:芸術家 フランソワ・オーギュスト・ルネ・ロダン(フランス、1840年11月12日〜1917年11月17日) 19世紀最大の彫刻家。代表作に「考える人」「カレーの市民」「バルザック像」などがある。 19世紀の彫刻はオーギュスト・ロダンによって新しい一歩を踏み出し、近代彫刻への道を歩み始める。 彼は彫刻家カリエ=ベルーズのもとで修行したのち、イタリアを旅行し、ドナテロやミケランジェロを研究して自己の道を見出して行く。 1877年の『青銅時代』は、ロダン独自の人間の生命、情熱の造形化をはたした最初の作品である。この彫刻は、あまりに自然主義的な肉付けのためモデルから直接型取りしたとの中傷をあびた。 『カレーの市民たち』は、14世紀イギリス軍包囲の際に市を救うため自らの命を敵に差し出しに向かうカレーの市民の史実に基づく公的な注文彫刻である。しかしロダンは、台座を廃しわれわれと等身大の人間のドラマ、激しい苦悶の現実的、普遍的な表現としてそれを造形化した。 このようにロダンとともに、彫刻は、注文に支配された型に嵌めれれた表現から脱し、豊かな造形性と劇的な内面表現を獲得する。彼は一方で徹底した写実表現を行いながら、また他方、人間のもつ情念、情熱の表現をさまざまなモチーフによって追及し続けた。それは終生の大作『地獄の門』に壮大な形で総合されることになる。 ロダンのこうした彫刻における姿勢、観念による後世への影響ははかり知れないものであり、20世紀の彫刻をになう次世代の若い彫刻家の多くが、ロダンに憧れていた。それにより20世紀彫刻の新潮流はロダンを越えるところか …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ロダン
  • 彫刻家
  • 時代
  • 生涯
  • 職人
  • フランス
  • 作品
  • 出典
  • 収蔵
  • 地獄
  • 白樺
  • 美術館
  • 関連
  • 一部
  • 代表
  • 代表作
  • 彫刻
  • 近代